地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
地域ニュース

2010年8月23

地産地消と食育推進
掘っちゃらんどin智恵文・旬の農作物販売でにぎわう

 【名寄】「掘っちゃらんどin智恵文」が22日、智恵文7線北2の微生物応用技術研究所名寄研究農場で開かれ、旬の地場農産物や加工品などを販売しながら地産地消の推進を図るとともに、食を通しての生活や健康の在り方を考えた。
 会場では同農場が自然農法で栽培、収穫した野菜を販売。智恵文地区の農家グループなども旬の農産物や加工品を取りそろえ、にぎわいを見せた。さらにSPF豚の丸焼きも用意され、参加者は舌鼓を打っていた。また、農場内でカボチャやトマトの収穫体験、幌車遊覧、牧草ロール落書き、ジャガイモ詰め放題、ミニ実験でpH測定などの土壌診断、家庭菜園技術相談コーナー、茶席も設けられ、好評を得ていた。
 訪れた人は、旬の地場農産物などを買い求め地産地消に努めながら、食育を通して自らの生活や健康を振り返る機会としていた。

(写真=多彩なプログラムが展開された「掘っちゃらんど」)

[ 2010-08-23-19:00 ]


団体で21区が優勝
名寄市町内会対抗PG・愛好者同士の交流深める

 【名寄】名寄市町内会連合会(中村雅光会長)主催の第10回町内会対抗パークゴルフ大会が22日、なよろ健康の森で開かれ、愛好者たちは日ごろ鍛えたプレーの腕前を披露した。結果は団体の部で21区町内会、男子個人の部で笠原実さん(大橋区)、女子個人の部で山本洋子さん(大町区)が優勝した。
 同大会は、市民がパークゴルフを通して交流し、相互の親ぼくを図るとともに、健康づくりや地域づくりに寄与することを目的として開催。今年は10回目を記念して第10位の飛び賞を用意。風連地区の東風連町内会を含め市内31町内会から180人が参加。
 選手たちは、コースの状態を読みながらクラブを手に力強いスイングで快音を響かせたり、パットを見事に決めるとともに、他町内会の愛好者同士の交流を深めていた。

(写真=31町内会から180人が参加したパークゴルフ大会)

[ 2010-08-23-19:00 ]


第2町内会が優勝
美深町民大運動会・多彩な協議で熱戦展開

 【美深】美深町主催の第55回町民大運動会が22日、美深小学校グランドで開かれ、幅広い世代の住民が一堂に会し、多彩な競技に熱戦が繰り広げられた。大会結果は第2町内会が優勝を果たした。
 町民大運動会は、昭和31年から続いている美深のまち全体を挙げての恒例行事。住民の健康・体力づくり啓発、地域スポーツ振興などに寄与するとともに、大会を通して家族や近隣住民との交流、親ぼくを図ることを目的としている。
 競技は町内会・自治会対抗戦で、町内17の町内会・自治会から15チーム(吉野と斑渓、川西と玉川は合同チーム)、選手と観衆合わせて約1000人の住民が参加した。
 会場では、各町内会・自治会テントの観衆から大きな声援が送られる一方、グラウンド上ではそれぞれの競技に熱中、勝利を目指すとともに、運動会を楽しむ選手たちの姿が見られていた。

(写真=約1000人の選手と観衆が参加した大運動会)

[ 2010-08-23-19:00 ]


力強い走りで完走
名寄・ピヤシリクロスカントリー大会

 【名寄】第48回ピヤシリクロスカントリー大会が21日、なよろ健康の森陸上競技場を発着点に開かれ、日ごろの練習で鍛えた健脚を競い合った。
 道北陸上競技協会(菅原範明会長)主催、同協会名寄支部(紺野孝支部長)主管の伝統ある大会。健康の森と道立サンピラーパーク内を駆け抜けるコースで、距離は小学生1キロ、中学生2・7キロ、高校と一般5・1キロ。
 地元名寄をはじめ士別や鷹栖、月形、北見など道内各地から103人が出場。ピストル音を合図にスタート。直後の激しいポジション取りで接触し、転倒する場面も見られたが、選手たちは上位入賞を目指し、風を切るような力強い走りを見せていた。

(写真=日ごろの練習で鍛えた健脚を競い合った選手たち)

[ 2010-08-23-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.