地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
地域ニュース

2010年8月17

駐車場を2カ所整備
名寄市立病院・医師住宅解体して30台分

 【名寄】名寄市立総合病院(佐古和廣院長)は、敷地内駐車場不足への対応として、病院南側の西7南9と院内つぼみ保育所西側の西6南8の2カ所に計30台分の駐車場を整備した。16日から利用可能となっており、同院では「敷地外の駐車場だが、警察による路上駐車の取り締まりが厳しくなっていることからも、敷地内駐車場が満車の場合は利用してほしい」と呼び掛けている。
 同院の敷地内駐車場は約200台分。しかし、市外からの通院外来と入院患者が5割以上いることに加え、市内からの車両通院も合わせると敷地内駐車場だけでは収容し切れないのが実態。さらに、週末や連休明けなどは非常に混雑しており、病院周辺の路上、歩道駐車が多いため駐車スペースの拡大が課題となっている。

(写真=病院南側の西7南9に整備された駐車場)

[ 2010-08-17-19:00 ]


総事業費44億円を投入
風連地区・道営の3ほ場整備が終了

 【名寄】風連地区で実施されていた道営のほ場整備は、本年度で瑞生地区が終了する。17年度から合わせて3つのほ場整備事業が実施され、総事業費は44億円となっている。多い年には単年度3事業分で約10億円の事業費が計上された年もあったが、大型の公共事業終了に伴い、市内の建設業界は、少なからず影響を受ける心配もある。
 風連でのほ場整備事業は、17年度から東豊地区と風連地区で始まり、翌18年度から瑞生地区でも始まった。東豊地区など事業着手が同じ2事業は21年度で終了し、本年度は瑞生地区の事業も終了する。いずれも道営のほ場整備事業。

[ 2010-08-17-19:00 ]


夏夜を色鮮やかに彩る
風舞あんどん・美しい絵巻で観衆を魅了

 【名寄】夏夜を色鮮やかに彩る風舞あんどんが13日、市役所風連庁舎を出陣。美しい絵巻でJR風連駅前通を照らすとともに、威勢の良い掛け声、太鼓や笛の音に響かせて沿道を埋めた観衆を魅了した。
 風連地区伝統の夏祭り「風連ふるさとまつり」のフィナーレを飾る「風舞あんどんオン・エア」。今年は15団体から総勢687人が参加し、基数は作年より1基多い16基。
 花火の合図で出陣。暗くなると迫力のある絵柄が浮かび上がり、沿道を埋めた多くの市民が歓声を上げながら勇壮なあんどん絵巻を見守り、伝統の祭りを満喫していた。

(写真=沿道を埋めた多くの市民を魅了した風舞あんどん)

[ 2010-08-17-19:00 ]


「緊張しました」と笑顔
毎日こどもピアノコン・名寄の村上友菜ちゃんが奨励賞

 第29回毎日こどもピアノコンクールの本選会が、このほど、札幌サンプラザホールで開催。名寄市内のピアノ教室アルティ(主宰・斉藤弘美さん)でレッスンしている名寄カトリック幼稚園年長の村上友菜ちゃんが本選会幼児の部に出場し、奨励賞を受賞する健闘をみせた。
 同コンクールは毎日新聞社主催、北海道ヤマハ会・ヤマハ協賛で、昭和57年から開催されている歴史あるコンクール。本選会には道内11地区で開催された予選会で、特別賞、金賞、銀賞の受賞者が出場。今年はソロ部門、連弾部門合わせて443人が出場した。
 今月6日に開催された本選会幼児の部には全道から29人が出場。宗谷地区予選会(剣淵以北稚内)を経て出場した友菜ちゃんは見事な演奏を披露し、奨励賞を受賞したが「とても緊張しました」と笑顔で語る。

(写真=トロフィーを手に喜びを語る友菜ちゃん)

[ 2010-08-17-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.