地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
地域ニュース

2010年7月28

職場内窓口設置を検討
名寄市のメンタルケア・本年度中に方向性まとめる

 【名寄】名寄市は、精神的負荷などを理由に病気休暇、休職する職員をサポートする「職場内相談窓口」の設置を検討している。全国的にメンタルヘルスケアの重要性が高まっている中、名寄市でも21年度に実施した職員アンケート結果を踏まえ、庁内で組織するメンタルヘルス部会を中心に、23年度以降の同窓口設置に向けた協議を進めており、心身ともに健康で働ける職場環境の充実に努めることにしている。
 メンタルヘルスケアとは、職場で働く人たちの精神的な悩みや負担を、専門員などに相談することで改善を図り、健康で働ける職場環境を整えようというもの。近年、労働環境確保の観点から導入する自治体が全道的にも増えている。

[ 2010-07-28-19:00 ]


7月連休で5000人来客
道の駅なよろ・高速道路の無料化追い風に

 【名寄】「道の駅もち米の里☆なよろ」でも、高速道路無料化社会実験の効果が出ている。連休となった7月17日から19日の3日間で5000人の来客者数を記録。また、農産物直売コーナーは開設後3年目を迎えて、知名度もアップし、着実に売り上げを伸ばしている。
 道の駅なよろ開設2年目の21年度来客数は、前年度実績を大きく上回る延べ40万に達し、名寄の観光スポットとなっている。さらに、北海道じゃらんが昨年、実施した道の駅満足度調査では道内109の「道の駅」で3位。特産品の販売コーナー充実度などが評価を受けている。
 来客者の中には、道内だけでなく本州からの客もあり、無料化で、より遠くまで足を伸ばす傾向が見られているという。

[ 2010-07-28-19:00 ]


一生無事故を誓い合う
名寄自動車学校・安全運転でツーリング満喫

 【名寄】名寄市農業担い手育成センター、名寄地域担い手育成総合支援協議会主催の名寄市農業担い手交流会が26日、ホテル藤花で開かれた。
 本年度新規就農したのは、風連地区の清水康弘さん=東風連、下田孟志さん=瑞生、前田貴弘さん(同)=同、東弥樹さん=同、山本拓摩さん=日進の5人。
 交流会には、新規就農者3人をはじめ、農業関係者約50人が出席。中島道昭道北なよろ農協組合長から激励状を受けた清水さん、前田さん、山本さんは「皆さんから指導の下、頑張りたい」などと、それぞれ決意を述べた。

(写真=中島組合長から激励状を受ける新規就農者)

[ 2010-07-28-19:00 ]


写真や模型など118点
名寄・北国博でSLメモリアル展

 【名寄】名寄市北国博物館主催の第22回特別展「名寄SLメモリアル展」が、8月22日まで同館ギャラリーホールで開かれている。
 昭和50年にSLが姿を消してから35年。「鉄道のまち」として発展した名寄で活躍していた機関車や関連施設の回顧展として開催。名寄SL排雪列車(キマロキ)保存会などが協力した。
 会場には解説パネルや写真パネルのほかに、車体のプレートなど118点を展示したほか、市内在住の澤田稔さんが制作したミニSLや佐藤郁夫さんの名寄機関区の模型、志々見敦さんのNゲージも展示されている。
 同展の観覧は無料。

(写真=8月22日まで開かれているSLメモリアル展)

[ 2010-07-28-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.