地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
地域ニュース

2010年7月25

支えあいの輪拡大
名寄の町内会ネット・一方で高齢化や活動差課題

 【名寄】名寄市社会福祉協議会は、地域住民が町内に住む要援護者の見守りや声掛けなどを行う「町内会ネットワーク事業」を展開。現在のところ名寄地区では全68町内会中48町内会が同事業に取り組んでいる。一方、本年度から町内会組織へと区域再編した風連地区では、全14町内会(一部旧体制での取り組み)が活動を展開しており、地域住民による支え合いの輪が広まっている。同協議会では「風連地区の一部旧体制での取り組みは、事業申請時期の兼ね合いによるもので、来年度からは新たな町内会単位での活動に移行する見通し」としている。
 同事業は、町内会での活動推進や交流推進で一定の成果をみせる一方、支援活動に取り組む人たち自身の高齢化や町内会ごとに活動差が大きいといった課題も出ている。

[ 2010-07-25-19:00 ]


今年は8月14、15日
名寄の市民盆踊り・参加者増へ土、日の開催に

 【名寄】名寄の市民盆踊り大会は8月14、15の両日、南広場を会場に開催する。このほど、市民文化センターで開かれた第1回実行委員会で要項などを決めた。今年も1日目が個人、2日目が団体を対象にした仮装盆踊りを予定しているが、財政的な問題もあって個人の部の賞金額や本数を見直した。また、審査の対象外とするが、市外からの仮装盆踊り参加を認めるように改めた。
 同盆踊りは市民有志の実行委員会が主催。例年、8月16、17の両日としてきたが、平日よりも土・日曜日に開催して、より多くの市民参加が期待できるとし、今年は8月14日の土曜日と、15日の日曜日。両日とも午後6時半から午後8時半までで、南広場を会場に行う。

[ 2010-07-25-19:00 ]


名寄少年団が上位独占
道少年少女銃剣道大会で

 【名寄】名寄ピヤシリ銃剣道少年団(榎茂重団長、団員10人)が第2回北海道少年少女銃剣道大会で個人戦、団体戦で上位を独占する活躍を見せた。
 同大会は全日本大会の前哨戦として、このほど愛別町海洋センターで開かれ、全道各地の16銃剣道連盟から幼稚園児以上高校生までの代表85人が参加した。
 ピヤシリ銃剣道少年団からは幼稚園児から小学4年生までの6人が参加。同少年団の練習スローガン「闘争心」「集中力」「チームワーク」を発揮して、気迫あふれる試合を展開。全員が金メダルを手にした。

(写真=全道大会で好成績を収めた名寄銃剣道少年団員)

[ 2010-07-25-19:00 ]


繊細な作品がずらり
名寄・あじさい会の切り絵展示

 【名寄】切り絵同好会の「あじさい会」(福原一年代表)の展示会が、30日午後3時まで市民文化センターで開かれている。
 展示会には50点が出品。福原代表は長崎市諏訪神社の祭礼「長崎おくんち」、奥山美栄子さんは「秋桜(コスモス)」、都築義弘さんは「ふくろう」、佐々木礼子さんは「層雲峡」など風景や動物、花をテーマに作品を仕上げている。中には背景などに多彩なカラーを交えたものもあり、それぞれの個性を表現している。
 訪れた人は、黒い用紙が繊細にカットされ、実物が忠実に再現されている切り絵をじっくりと鑑賞している。また、26日午前10時から午後3時まで体験コーナーも設けられている。

(写真=30日まで開かれている切り絵展示会)

[ 2010-07-25-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.