地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
地域ニュース

2010年7月20

低温日少なく生育順調
名寄地区の15日付作況・多雨で一部作物が徒長傾向

 【名寄】上川農業改良普及センター名寄支所は、15日現在の農作物生育状況をまとめた。7月上旬以降の断続的な降雨の影響により、一部の作物で日照不足に伴う生育停滞や徒長傾向が見られるものの、気温が平年並みで推移していることから総体的な生育は進んでいる。
 同普及センター名寄支所では「7月に入ってからの断続的な雨により、作業のできない日が多いと思うが、病気の発生が懸念される天候が続いているため、細やかな管理を徹底してほしい」と注意を呼び掛けている。

[ 2010-07-20-19:00 ]


昭和時代の名車集まる
名寄・クラシックカーミーティング

 【名寄】第7回道北クラシックカー2&4ミーティングが18日、名寄自動車学校コースで開かれ、道内各地から昭和時代に生産された名車などが集まった。
 今年は根室、帯広、稚内、苫小牧、札幌などから4輪車約50台、2輪車約10台が参加。コース内には昭和時代に生産、販売された名車がずらりと並んだ。
 古いものでは昭和30年代後半のダットサン(日産)ブルーバードP311やマツダ3輪トラックT1500。40年代で三菱ギャランGTO2000GSR、トヨタパブリカ800。50年代でホンダシティターボU、マツダサバンナRX―7。60年代でトヨタマークUグランデツインカム24など。さらに日産スカイラインの各世代(通称・箱スカ、ケンメリ、ジャパン、R30)も勢ぞろい。中にはエンジンを改造したり、現代のものに載せ替えた車もあるなど、人気を集めていた。

(写真=道内各地から約50台が参加したイベント)

[ 2010-07-20-19:00 ]


花火や野外コンサート
下川世代交流ふれあい広場

 【下川】世代交流ふれあい広場2010が、17、18の両日、老人ホームあけぼの園広場などで開かれた。
 町、社会福祉協議会の主催で、32団体2個人が協力。今年は下川町開拓110周年記念事業として、例年よりグレードアップして開催。17日は商工会商工振興委員会提供の「真夏のアイスキャンドル」が飾られた会場で、ウインドアンサンブル「ソラエ」による野外ナイトコンサート。引き続き「花火大会」。夜空に光と音の供宴が繰り広げられた。
 18日は下川中学校吹奏楽部のグリーンコンサート、老人クラブの芸能発表、松村一郎の歌謡ショー、北鼓童なよろのよさこい、稚内出身の兄弟ユニット「SE‐NO」によるコンサートなど多彩な催しが続いた。さらに木霊光さんによるチェーンソーアート実演、障害者自立支援の会「めだか」パネル展、介護用具展示コーナー、健康チェック相談なども行われ、終始にぎわっていた。

(写真=多彩な催しで盛り上がった下川町のふれあい広場)

[ 2010-07-20-19:00 ]


福祉推進に理解深める
美深ふれあい広場・即売会、演芸で盛況

 【美深】「びふかふれあい広場2010」が17日、町文化会館で開かれた。訪れた人は即売会や演芸会などのプログラムを楽しみながら、福祉推進への理解を深めた。
 「ふれあいの店」では、木工や陶芸、手芸、羊毛製品などの手づくり作品展示即売、リサイクル品のフリーマーケット、郷土資料の展示、もち製品やドン、いも団子、かき氷、カレーライスといった食べ物、ネギやキュウリ、トマトなど旬の農産物を販売。さまざまな商品を取りそろえていたが開場後、早い時間帯で売り切れとなるコーナーもあり、盛況だった。
 「ふれあい交流会」では、踊りやカラオケ、一輪車演技、ヨサコイ演舞、金管楽器バンド演奏、合唱などが繰り広げられ、小学生からお年寄りまで幅広い年代のステージ出演者たちに大きな拍手が送られた。

(写真=多くの人で盛況だった「ふれあい広場」会場)

[ 2010-07-20-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.