地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
地域ニュース

2010年7月14

1億4514万円の単年度赤字
名寄市立病院の21年度決算・DPC制度導入などが要因

 【名寄】名寄市立総合病院(佐古和廣院長)は、21年度事業会計決算をまとめた。事業収益は70億588万円、事業費用は71億5103万円で、1億4514万円の単年度赤字となったが、経費節減の徹底などで、単年度の赤字額は前年度比で約1億円圧縮した。さらに、事業費用の中に含まれている建物や医療機器などの減価償却費2億8279万円を差し引いた収支でみると約1億4000万円の黒字経営となり、安定した運営状況となっている。
 21年度の患者数実績は、入院(精神科含む)が延べ11万1988人で、前年度比7732人の減。外来(同)は延べ24万1860人で、前年度比6674人の減。

[ 2010-07-14-19:00 ]


移住前にまちを知って
美深・一軒家で「ちょっと暮らし」

 【美深】美深町企業誘致・観光開発・移住対策推進協議会(会長・山口信夫町長)は、「北・北海道 美深町ちょっと暮らし体験」と銘打ち、将来、美深への移住を検討している人などにまちを知ってもらおう―と町内民間借家(一軒家)で、2週間から1カ月を限度として、移住体験をしてもらう取り組みをスタートさせた。
 住居は同協議会が借り上げた民間借家(東3南3、美深駅から徒歩3分)で、2階建ての一軒家(車庫、風呂、ガスコンロ、家具一式あり)。間取りは1階に台所、居間、和室2部屋。2階は和室、フロアなど。利用料は電気代込みで1日1000円。利用期間は14日間から30日間までとしている。消耗品、水道、ガス代などは自己負担。滞在期間中は2人分の生活道具などを貸し出す。問い合わせは同協議会(美深町役場総務課企画グループ内、電話01656-2-1645)へ。

[ 2010-07-14-19:00 ]


50周年特別賞も用意
下川の大売り出しスタート

 【下川】下川町商工会(夏野俊一会長)の商工会法制化50周年記念「中元大売り出し」が、14日からスタートした。8月16日までのロングラン。今年は特賞現金10万円3本のほか、50周年特別賞「現金1万円」50本などが盛り込まれ、商戦ムードを盛り上げている。
 期間中、加盟店で100円買い上げごとに色違いスタンプ1枚を進呈。スタンプ台紙に100枚を張って1回抽選。抽選会は8月11日から17日の午前9時から午後5時まで、バスターミナルセンター1階ロビーで行われる。

[ 2010-07-14-19:00 ]


北はるかの農産物は?
青年部員が美深小で授業

 【美深】JA北はるか青年部美深・下川支部(神成康宏支部長)は13日、美深小学校(中島壽行校長)を訪れ、北はるか農協管内の農業をテーマに授業を行った。
 同支部では、食育と絡めた農業の授業を3年生(37人)対象に毎年実施。同校には神成支部長をはじめ部員8人が訪れた。授業では、美深や下川で作付けされているもち米やメロン、イチゴ、フルーツトマトなどの生育過程、酪農の仕事を紹介。作物が収穫できるまで多くの手間がかかっていることを伝えた。
 その後、子供たちと部員の農場で収穫した美深産メロン「キングルビー」、イチゴ「ペチカライム」、下川産フルーツトマト「桃太郎」を試食。この日の朝に収穫されたばかりのメロンなどを味わいながら「甘くておいしい」と笑顔を見せていた。

(写真=部員の農場で収穫されたメロンなどを味わう子供たち)

[ 2010-07-14-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.