地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
地域ニュース

2010年7月12

スキー場で夏利用促進
名寄振興公社・今年も九度山に登山道整備

 【名寄】夏のピヤシリスキー場の有効活用として、同スキー場を管理する名寄振興公社は、今年もゲレンデに登山ルートを確保。九度山登山道として一般に開放しているが、同公社は多くの利用を呼び掛けるとともに、「登山後は温泉で汗を流してもらえれば」と、温泉の利用拡大にもつなげたい意向を示している。
 今年も春先から、リフト整備などの際の作業道として使用されている道の草刈りなどを行い、山道を整備。第3リフト降り場周辺を終点とするルートで、登山道は約2・5キロの道のり。同公社によると5合目付近が見晴らしポイントで、名寄市街が一望でき、天候次第では山頂からは天塩山地や大雪山連峰などを眺望できるという。

[ 2010-07-12-19:00 ]


地域住民と学生が交流
名寄市立大の第48回名大祭

 【名寄】名寄市立大学(青木紀学長)の第48回名大祭が、9日から3日間、同学で開かれ、来場者が魅力的な学生企画を満喫するなど、さまざまなイベントを通して交流を深めた。
 9日は学生のみのオープニング企画(仮装コンテストや食券抽選会など)で10、11の両日が一般公開。祭りに花を添える出店が並ぶ大学新館東側の歩道では、学生が元気に呼び込みを行うなど、にぎやかな雰囲気。
 さらに、本館駐車場でYOSAKOI祭りin大学祭。学内では、吹奏楽団サマーコンサート、ダンスサークルくるくるのステージ、軽音サークルの学祭ライブ、記念講演会「オマチマンと考える みんなで子育て、楽しくリハビリ」、フリーマーケットといった多彩なイベントが繰り広げられた。

(写真=にぎやかな雰囲気に包まれた名大祭)

[ 2010-07-12-19:00 ]


風中の新校舎へ再利用
名寄市教委・元風連高校の校舎改築工事進む

 【名寄】名寄市教育委員会では、元風連高校の校舎改築工事を進めている。老朽化している風連中学校の現校舎に代わる校舎として再利用するための改修工事で、内部改修を行うとともに、グラウンドの整備を行う。予定では、12月中旬に新校舎への移転作業を行うほか、中学校では現校舎へのお別れ会も開くことにしている。
 「風連中学校校舎等移転協議会」を設置し、校舎移転に向けた改修のあり方などを検討、本年度から改修工事を進めている。内部改修では、高校には不要だった学校給食の搬入路を新たに確保するほか、技術教室や美術教室などの特別教室も設ける。グラウンドやテニスコートなどは未使用時期が長く、荒れているため再整備。さらに校舎正面の歩道部分段差解消など、外溝工事も行う。

(写真=グラウンドの再整備も行っている風高の校舎改修工事)

[ 2010-07-12-19:00 ]


製品販売などで盛況
美深福祉会「のぞみ祭」

 【美深】美深福祉会(岩木実理事長)の第21回のぞみ祭が10日、同福祉会施設「のぞみ」前で開かれ、製品販売や模擬店、抽選会、施設利用者の出し物などでにぎわいを見せた。
 恒例となっている同祭は昨年まで9月に開かれていたが、トマトジュース加工の最盛期と重なるため今年から7月に変更した。
 会場では、トマトジュース「太陽の水」、たい肥「エコ丸くん」など同福祉会製品の販売、焼き鳥やフランクフルトなどの模擬店、友好施設「ほっぷすてっぷ」(小平)、「道北ワークセンター」(名寄)の出店、地元の「よつばのパポ」のもち製品、「ワークきたかや」のポップコーン販売などがあり、来場者の好評を得ていた。

(写真=模擬店や抽選会などでにぎわった「のぞみ祭」)

[ 2010-07-12-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.