地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
地域ニュース

2010年7月9

実情に即した在り方検討
名寄市地域公共交通活性協・各種調査通じ連携計画策定へ

 【名寄】名寄市地域公共交通活性化協議会(会長・中尾裕二副市長)の22年度第1回会議が7日、市役所名寄庁舎で開かれた。本年度は国土交通省の補助を受け、昨年に引き続きデマンド型交通の試験運行を行うほか、現況交通実態調査、利用者ニーズ把握調査などを行い、より地域の実情や将来像に即した公共交通の在り方などの検討結果をまとめた「名寄市地域公共交通総合連携計画」策定に取り組むこととした。
 第1回会議では、新委員7人に委嘱状が交付。議事では、委員10人とアドバイザーの岸邦宏北大大学院工学研究所准教授で組織する専門部会を設置。同部会が中心となって協議。デマンド型交通の導入のみならず、将来を見据えた公共交通の在り方を総体的に検討する―とした。

[ 2010-07-09-19:00 ]


清峰園と西條百貨店で
市内初の「企業見学会」・14日に地域連携し開催

 【名寄】名寄市は、ハローワーク名寄、上川総合振興局、上川教育局と連携した高校生対象の「企業見学会」を、14日に名寄市内で実施する。高校生の就職活動に向けた初の試みで、当日は特別養護老人ホーム清峰園と西條百貨店を見学する。
 「企業見学会」は、上川管内の高校に在籍する本年度卒業予定者を対象に、仕事現場への理解促進を図ることを目的に、地域の関係機関が連携して初めて実施する。ハローワーク名寄によると、既に希望者の事前受け付けを終えているとのことで、名寄の2校をはじめ美深、下川などの上川北部を中心に28人が参加する予定。
 当日は、見学内容を「福祉」と「小売り」(サービス業)の2種類。参加者は従来のような客の立場ではなく、働く側の目線に立って実際に働いている現場を見学するほか、職員や社員による就職経験の講話も予定している。

[ 2010-07-09-19:00 ]


下川が全道へ進出
北電サッカー少年団大会

 【下川】下川サッカー少年団がこのほど、名寄市で開かれた北電カップ第42回全道サッカー少年団大会道北地区予選で優勝し、全道大会出場を決めた。
 道北地区予選は、下川、和寒、美深、名寄、士別の5チームが出場。試合は総当りのリーグ戦で行われた。下川は士別と名寄に引き分けた後、和寒、美深に勝利。勝敗数(総勝点)と得失点差で名寄と並んだが、総得点数が1点上回り優勝。
 全道大会は29日から千歳、恵庭、北広島の3会場で開かれる。32チームが8ブロックに分かれてリーグ戦を行い、各ブロックの上位2チームが決勝トーナメントに進むことができる。
 佐藤誠也主将は「全道では予選リーグ突破、決勝トーナメント出場を目標に、前半から調子を上げていけるように頑張りたい」と話している。

(写真=全道大会の切符を手にした下川サッカー少年団)

[ 2010-07-09-19:00 ]


多彩なイベント企画
10、11日に名大祭一般公開

 【名寄】名寄市立大学(青木紀学長)の第48回大学祭「名大祭2010」は10、11日が一般公開日。学生、教職員、市民が交流を深めることのできる多くのイベントを企画している。
 主なイベントは、10日は本館体育館で午前9時から大学吹奏楽団のサマーコンサート、同11時からダンスサークルくるくるのDANCE SHOW CASE、午後5時から軽音サークル学祭ライブ。本館駐車場で、午後1時半から第4回YOSAKOIソーラン祭りin大学祭。一方、11日は本館体育館で、午前9時から歌や踊りを楽しむ「Jの時間」、午後0時半と同1時40分から記念講演会「オマチマンと考える みんなの子育て、楽しくリハビリ」など。
 なお、両日とも恵陵体育館で、フリーマーケット。新館東側入り口付近で、学科やサークル、ゼミによる出店が多数並び、大学祭を盛り上げる。

[ 2010-07-09-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.