地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2010年6月22


好天続きで回復傾向
名寄地区15日作況・総体的に生育は順調

 【名寄】上川農業改良普及センター名寄支所は、15日現在の農作物生育状況をまとめた。雪解けに伴う農作業遅れと5月の天候不順が生育に影響しているものの、6月に入ってからは好天が続いて回復傾向にあり、総体的な生育が順調に進んでいる。
 同支所では「今後、湿度が高くなるため、病害虫の防除と生育状況を把握した適正管理に努めてほしい」と話している。

[ 2010-06-22-19:00 ]


地域興しへ果敢に挑戦
名寄市職員自主研究グループ・信濃クルミ栽培

 【名寄】クルミでまち興しを─。名寄市職員自主研究グループT・P・O(水間剛代表・メンバー7人)は、平成16年からなよろ健康の森「森の水辺のゾーン」で「信濃クルミ」(菓子クルミ)の試験栽培に取り組んでおり、収穫から調理までのクルミイベント開催や新たな特産品開発を目指している
 同グループは平成14年、職員研修の一環で、クルミによるまちづくりを実践している長野県東御市(信濃クルミの生産日本一)を視察。その際に譲り受けた「信濃クルミ」の種は、北海道大学北方生物圏フィールド科学センター北管理部で約30センチの苗に成長。16年に健康の森「森と水辺のゾーン」の一部に苗を定植。試験栽培が始まった。クルミ収穫イベントや名寄市特産のもち米と合わせた「クルミもち」の販売など、まち興しへの大きな可能性を秘めているとしている。

(写真=緑色の雄花を咲かせた信濃クルミ)

[ 2010-06-22-19:00 ]

現場でも即戦力に
名寄・救命士の藤岡さん病院実習

 【名寄】救急救命士の就業前病院実習が、名寄市立総合病院で行われており、上川北部消防事務組合名寄消防署の藤岡志尚さんが、より実践に即した病院実習で、救命士として必要な知識や技術の向上に励んでいる。
 同実習は、医療機関と消防の連携強化を目的とした上川北部救急業務高度化推進協議会の事業の一環。救急救命士の資格を取得した隊員を対象に、実際の救急現場に出る前に病院での実習に当るもの。
 藤岡さんは美深町の生まれ。名寄高校を卒業後、救急救命士を養成する専門学校に進学。今年4月から名寄消防署員として活躍。実習では、各専門医の指導の下、1日8時間のプログラムで実践的な知識や技術を習得。
 藤岡さんは「病院での実習経験を生かし、現場でも即戦力となれるよう頑張りたい」と意気込みを語っている。

(写真=就業実習に当たっている藤岡さん)

[ 2010-06-22-19:00 ]

美しい音色聴く
道の駅なよろでコンサート

 【名寄】ミチエキコンサートが20日、道の駅「もち米の里☆なよろ」で開かれ、訪れた人は美しい音色に耳を傾けた。
 同コンサートは、北北海道国際文化交流協会(桜庭康喜代表)が主催。多彩な音楽のジャンルで月1回のペースで開催している。今回はバイオリン奏者の奥村久美さん、ホルンの長岡碧さん、ピアノの猪俣香代さんが出演。3人は名寄中学校の同級生で、奥村さんと長岡さんはプロ奏者、猪俣さんは名寄市内のピアノ教室講師として活動している。
 休憩や買い物で道の駅を訪れた人たちはピアノとバイオリン、ホルンのハーモニーに聴き入り、疲れを癒している様子だった。

(写真=奥村、長岡、猪俣さんが出演した演奏会)

[ 2010-06-22-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2010年

6月

1日
2日
3日
4日
5日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.