地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2010年6月14


見事な句碑完成を喜ぶ
名寄胡桃俳句会が60周年で

 【名寄】名寄胡桃俳句会(岡崎津留子会長、会員22人)の60周年記念合同句碑除幕式が13日、智恵文8線にあるつつじ公園で行われ、会員らが見事な句碑完成を喜び合った。
 今年、発足から60周年を迎えたことを記念して、合同句碑を建立することとなった。句碑は横4・55メートル、台座を含む高さ2メートルと大きなもので、表面には岡崎会長の「神さぶや露八方に光り合ひ」など、会員が詠んだ俳句22句と裏面に同会の歴史が刻まれている。
 式では同会の代表と来賓の手で除幕。句碑を囲み全員で記念撮影を行った後、句碑周辺を散策した。

(写真=会員22人の俳句を刻んだ句碑を披露した除幕式)

[ 2010-06-14-19:00 ]


カヌーシーズン幕開け告げる
美深・天塩川オープンCCレース

 【美深】カヌーシーズンの幕開けを告げる「2010天塩川オープンカナディアンカヌーレース」が12日、恵深橋カヌーポートをスタート地点に開かれた。
 同レースは、美深アドベンチャー・プロジェクト・チーム(APT、神野充布代表)が主催。流域カヌー愛好者交流と流域カヌーツーリング振興などを目的に開催し、今年で15回目を迎えた。
 コースは、天塩川の恵深橋カヌーポートからびふかアイランドポートまでの16キロで初級・中級者向け。今年も北海道大学や北海道教育大学岩見沢校の学生を中心に19艇38人が参加。参加者たちはホイッスルの合図で一斉にカヌーに乗り込み、レースがスタート。5キロ先の予選ゴール・美深橋を目指した。一方、美深橋からの12キロは決勝レースとなり、途中、岩盤地帯の「六郷テッシ」、落差のある「モンポナイの瀬」といった難所を通過した。

(写真=学生を中心に19艇が参加したカヌーレース)

[ 2010-06-14-19:00 ]

自然環境考える機会に
名寄・サンピラーパークで植樹

 【名寄】名寄振興公社(田畑忠行代表取締役社長)主催、北海道電力名寄営業所(後藤照男所長)共催の植樹活動が13日、道立サンピラーパーク内で開かれた。
 同営業所が毎年取り組んでいる自然環境保全活動と地域貢献活動の一環。シラカバやハルニレ、イタヤカエデなど6種類100本の苗木が提供した。
 植樹にはボーイスカウト隊や一般市民など64人が参加。植樹は、苗木の根を守る段ボール製の枠「カミネッコン」を作ることから始まり、そこに苗木と土を入れ、同パーク内ふるさと工房館北側に植樹した。
 参加者は苗木が大きく成長することを願いながら、自然環境を考える機会としていた。

(写真=シラカバなど6種100本の苗木を植えた植樹活動)

[ 2010-06-14-19:00 ]

徒競走や運命走など
名寄東小の運動会・晴天恵まれ盛り上がる

 【名寄】名寄東小学校(金子謙治校長、児童175人)の第52回大運動会が12日、同校グラウンドを会場に開かれ盛り上がった。
 この日は晴天に恵まれての絶好の運動会日和。開会式では金子校長、谷内絵梨PTA会長、佐藤勇大児童会長があいさつした後、6年生の森川怜奈さんと島田莉奈さんが力強く選手宣誓した。
 競技は各学年のかけっこと徒競走や運命走のほか、2、5年生の「紅白対抗2525(にこにこ)綱引き」、1年生と同校コミュニティカレッジの学生が綱を引いているところに走ってきた6年生が加勢する「東小スーパーダッシュ!」など、児童だけでなく幼児やPTAも参加する種目もあり汗を流した。
 同校と智恵文小(5日に終了)を除く市内9小学校では13日に運動会が開かれた。

(写真=各種目で汗を流した児童たち)

[ 2010-06-14-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2010年

6月

1日
2日
3日
4日
5日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.