地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2010年6月2


甘味十分で今が旬
道北なよろ農協・グリーンアスパラの選別がピーク

 【名寄】名寄市大橋にある道北なよろ農協選果センターでは、全国でも高い人気を得ている名寄産グリーンアスパラガス(露地)の選別作業がピークを迎えている。今シーズンの選別作業は、雪解けの影響で平年より約1週間遅れの5月23日から始まったが、味、大きさともに申し分のない生育。同センターには、見事に育ったアスパラが次々と運び込まれており、今後の収量に期待が寄せられている。
 名寄産アスパラは、昼と夜の寒暖差が大きい名寄地方特有の気象により、甘みが強いのが大きな特徴。全国的にもトップレベルの評価を受けていることから消費者への人気も絶大で、名寄を代表する主力作物となっている。

(写真=作業がピークを迎えている名寄産アスパラの選別)

[ 2010-06-02-19:00 ]


設置総延長は144キロ
美深・鳥獣侵入防止の電気牧柵

 【美深】美深町内では、農地への鳥獣侵入防止対策として電気牧柵を22、23年度の2カ年計画で整備。本年度は5月末までに設置作業を終えた。電気牧柵の設置総延長は約114キロで、7営農集団の地域内に張り巡らされている。
 農作物の鳥獣被害防止対策は、これまで狩猟や「わな」設置といった駆除対策が中心だったが、近年はエゾシカによる食害が急増している。その対策として自己負担で電気牧柵を設置する農業者が増え、農作物被害の抑制に結び付いていることから、従来の駆除とともに侵入防止の両面で鳥獣被害防止対策を推進。その一環として美深町、北はるか農協、営農集団が2カ年事業で電気牧柵の設置を進めることにした。
 農業者たちはエゾシカ、ヒグマなど有害鳥獣による食害を抑止できるかどうか電気牧柵整備の効果を注視している。

(写真=農地を取り囲むように張り巡らされた電気牧柵)

[ 2010-06-02-19:00 ]

美しい癒やしの風景
名寄・道立サンピラーパークの芝桜

 【名寄】名寄市日進の道立サンピラーパーク「花の丘レストハウス」周辺には、色とりどりの芝桜が咲き始め、来園者を楽しませている。同パークを管理する名寄振興公社では「好天が続けば、1週間から10日で見ごろを迎える模様」と話し、多くの来園を呼び掛けている。
 芝桜は2日現在で4分咲きといった様子。赤、白、ピンク、紫の色とりどりの花を咲かせ、散策路を歩いていると甘い香りが風に乗って漂ってくる。天候によっては数日で開花が進むとみられ、美しい風景が来園者を癒やしてくれそうだ。

(写真=花の丘レストハウス周辺に咲く芝桜)

[ 2010-06-02-19:00 ]

名寄高校が全道へ
高体連サッカー予選で優勝

 【名寄】高体連サッカー大会の名寄支部予選がこのほど、なよろ健康の森で開かれ、名寄高校(福田正樹監督、部員15人)が優勝し、全道大会の切符を手にした。
 今年の道北予選には名寄、名寄産業の地元2校をはじめ、士別、美深、稚内など十校が出場。15日から帯広市で開催される全道大会の出場権をかけ、熱戦を展開した。大会は一発勝負のトーナメント戦。決勝戦の相手は強豪の稚内。試合では、前半の中盤に名寄が先制点を挙げたが、後半序盤に同点に追いつかれ、その後は一進一退の攻防。結果的に3対2で見事に優勝した。
 キャプテンの三上達也君は「全道大会は強豪チームばかりなので、一つでも多く勝てるように部員一丸となって全力で頑張ります」と目標を話している。

(写真=全道大会出場を決めた名寄高校サッカー部)

[ 2010-06-02-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2010年

6月

1日
2日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.