地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2010年5月23


累積赤字430万円すべて解消
ふうれん望湖台振興公社・利用者の増と経費削減効果

 【名寄】ふうれん望湖台振興公社の定期総会がこのほど、市役所風連庁舎で開かれた。二十一年度の事業実績が報告されたが、地域老人クラブなどの利用が増加したほか、宿泊客数も伸び、施設使用料収入は二十年度比で二二・九%の増となり、累積赤字のすべてを解消するとともに、十七万円の黒字を計上した。二十二年度についても経費の削減などに努める計画。また、市は施設の存続問題については、継続して市民との協議を行う意向。

[ 2010-05-23-19:00 ]


多彩なイベント計画
なよろ観光まちづくり協・総会で22年度事業など承認

 【名寄】なよろ観光まちづくり協会(吉田肇会長)の二十二年度通常総会が二十日、ホテル藤花で開かれた。本年度も「雪質日本一フェスティバル」(国際雪像彫刻大会ジャパンカップ)や「てっし・名寄まつり」をはじめ多彩なイベントや事業を計画し、名寄の観光振興を促進する。
 会員、来賓ら約四十人が出席。吉田会長が「本年度も皆さんの協力の下、各種事業を展開していきたい」とあいさつ。来賓の中尾裕二副市長が祝辞。
 議事では二十二年度の事業計画案を審議し、原案通り承認した。

[ 2010-05-23-19:00 ]

過去6番目の参加数
名寄〜下川間往復駅伝・昨年、新設のハーフが人気

 【名寄】第三十八回名寄〜下川間往復駅伝競走の参加申し込みが締め切られた。今年のエントリー数は六十二チームで、昨年よりも十七チームの増。過去のエントリー最高は十二回大会の八十五チームで、今年は六番目に多い数字となっている。特に昨年、新設したハーフのエントリー数が一般、自衛官の両部合わせて三十三チームと半数以上を占めており、ハーフが浸透してきていることをうかがわせる。
 三十八回目の今年は、六月六日に開催。フルの高校生、一般、自衛官の三部は名寄小学校横歩道橋下をスタートし、国道239号線を通って下川町スポーツセンター横を折り返し、名寄小学校グラウンドにゴールする七区間、四十二・一九五キロ。一方、下川町スポーツセンター横をスタートし、同じく名寄小学校グラウンドにゴールするハーフは五区間、二十一・〇八七五キロ。

[ 2010-05-23-19:00 ]

事故防止に役立てて
名寄・安全運転チェック始まる

 【名寄】名寄自動車学校(和田敏明管理者)、名寄警察署(山崎明署長)連携のシルバードライバー・セーフティプラン「いきいき安全運転チェック」が、二十日から同学校でスタートした。
 昨年から取り組んでいる高齢者の安全運転支援活動。六十五歳以上を対象に毎週木曜日午前十時から二時間行う任意講習で、受講料二千円。内容は講習予備検査と運転適性検査器による身体チェックなど。
 本年度一回目の同チェックには、麻生町内会員七人が受講。運転操作を車内外の二カ所から撮影する運転技能診断では、運転後すぐに録画映像を観賞し、自分の運転を確認。指導員から安全運転アドバイスを受け、今後の運転に役立てることを誓った。

(写真=本年度第1回目の安全運転チェックを受講した市民)

[ 2010-05-23-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2010年

5月

1日
2日
3日
4日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.