地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2010年5月10


ニーズ把握し効率的な運行を
美深地域公共交通活性化協・利便性向上策でアンケート

 【美深】美深町地域公共交通活性化協議会(会長・山口信夫町長)は、公共交通利便性向上策などの項目で住民アンケート調査結果をまとめた。アンケートによるとハード面でバスの車高を低くして乗降性を改善することや、雨風を避けられる待合所の整備。ソフト面ではバスの便数を増やすことや他の交通機関との乗り継ぎを良くすること、運賃を安くすることなどの要望が明らかになった。
 アンケートは、地域住民の公共交通に対する意識やニーズを把握することを目的として二月下旬に実施。同協議会でこのほど策定した「美深町地域公共交通総合連携計画」で二十二年度に実証運行に取り組むことにしている仁宇布線デマンドバスと市街地コミュニティーバスに加え、フリー乗降車スクールバスや既存バス路線に関する地域住民意識調査を行った。

[ 2010-05-10-19:00 ]


健脚競い313人が完走
名寄・憲法記念ロードレース

 【名寄】名寄地方の陸上競技開幕を告げる「第五十八回憲法記念ロードレース」が市教育委員会主催で九日、なよろ健康の森陸上競技場を発着点に開かれた。
 道道日進・名寄線を走る三キロ、五キロ、十キロのコースに、今年は道内外から各種目に三百四十四人がエントリー。開会式では藤原忠市教育長が「一〇〇パーセントの汗を流して、一〇〇パーセントのランニングを競い、百二十パーセントの感動を味わってください」とあいさつ。一般男子Aの部に出場の熊田久徳さん(東京なよろ会)が選手宣誓した。
 参加者は、肌寒いながらも名寄の春の訪れが感じられる自然豊かなコースで健脚を競ってゴールを目指し、三百十三人が完走した。

(写真=春を感じながらゴールを目指したランナーたち)

[ 2010-05-10-19:00 ]

油で磨きピカピカ
名寄・キマロキ保存会が清掃作業

 【名寄】名寄SL排雪列車(キマロキ)保存会(中田一良会長)によるキマロキの清掃作業が八日、市北国博物館北側の展示場で行われた。
 キマロキは、昭和五十二年から名寄公園入り口付近に展示していたが、平成五年に現在地に移設。現役の姿のまま保存されている。このSL排雪列車は、全国でも名寄にしかない貴重なものとなっている。
 清掃作業には、同保存会の会員十五人が参加。軽油と廃油を混合したものを車体に塗り、その上を布で磨き上げる地道な作業で、ほこりでくすんでいた車体も、黒々としたつやが復活しピカピカ。会員たちは、多くの観光客の訪れに期待を込めながら、作業を行う手に力を込めていた。

(写真=会員15人が参加した清掃作業)

[ 2010-05-10-19:00 ]

力強く美しい46点
名寄・16日まで野鳥写真展開催

 【名寄】名寄野鳥の会(佐藤明会長、会員三十四人)主催の「野鳥写真展」が、十六日まで名寄市北国博物館で開かれている。
 五月十日から十六日までの「愛鳥週間」に合わせて開催したもので、会員の水間秀文さん、新谷裕滋さん、大島武さん、中島稔さんが名寄近隣や道北地方での観察活動を通して撮影した四十六点を展示している。
 会場には、羽を大きく広げた雄々しい姿、優雅に水辺を泳いでいる姿、群れで羽を休める姿といったアオサギやタンチョウ、ヤマセミ、アメリカコハクチョウなど三十五種の野鳥の写真が並んでいる。訪れた人は、力強く生きる美しい野鳥の姿に見入っている。

(写真=46点が並ぶ野鳥写真展)

[ 2010-05-10-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2010年

5月

1日
2日
3日
4日
6日
7日
8日
9日
10日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.