地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2010年4月16


一部で理解得られず
なよろ健康の森PG時間設定問題・他施設利用の受け皿

 【名寄】なよろ健康の森パークゴルフ場の利用時間設定説明会が十三日、市民会館で開かれた。出席した利用団体を前に従来、時間設定をしていなかった同パークゴルフ場の利用で、市は「今シーズンの五月中旬から九月中旬までの土日、祝日を午前六時から日没まで。その他の平日は午前八時から日没まで」との最終案を説明。午前六時前の早朝に利用している一部団体から理解が得られなかったが、妥協案が見い出せなかったため、結果、市が示した最終案の内容で今シーズンの運営をスタートさせることとした。

[ 2010-04-16-19:00 ]


日照不足で生育遅れ
道北なよろ農協・低気圧の強風被害は最小限

 【名寄】台風並みの勢力を持つ低気圧と強い寒気の影響で暴風雪に見舞われ、春の陽気から一転、真冬に逆戻りした。名寄地方では、日照不足の影響などで気温が上がらず、各農家の春作業も思うように進まない状況となっており、ビニールハウスでの育苗など農作物全般で遅れが目立っている。道北なよろ農協では「昨年は低温、日照不足など悪天候の影響で農作物の収量は減少した。今年は、ばん回したいと思っているが、自然の力なので」と、今後の天候を心配している。

[ 2010-04-16-19:00 ]

セレモニーで完成祝う
名寄市立天文台「きたすばる」

 【名寄】道立サンピラーパーク内に完成したなよろ市立天文台「きたすばる」のオープンセレモニーが十六日、同天文台で行われ、名寄の美しい星空を全国へ情報発信する拠点施設の完成を祝った。
 セレモニーには関係者など約百人が出席。施設概要説明に続き、市内で活動している天文サークル「天斗夢視」の大谷秀二代表が「きたすばる」の愛称を命名した愛知県名古屋市在住の小寺光雄さんを紹介し、「北の冬をイメージできる星に加え、ハワイにある世界最大級の『すばる望遠鏡』の知名度を生かされていることなどから選考委員会の中で決定した」と説明。同天文台にピアノ二台を寄贈した近江利佳さんが、ピアノ演奏を披露し、天体観測と音楽を融合させたイベント活動の魅力もPRした。続いて、同天文台正面玄関前に移動して島市長などがテープカットを行い、名寄の新しい観光スポットとしたまちづくりにも期待が寄せられる新天文台の完成を祝った。

(写真=テープカットで完成を祝ったオープンセレモニー)

[ 2010-04-16-19:00 ]

観光振興に意欲
美深町・道派遣職員の宮形さん

 【美深】美深町は、観光推進事業を活性化しよう―と二十二、二十三年度の二年間、道職員の派遣を受けている。町役場産業施設課商工観光グループ副主幹として今月一日付で赴任した宮形英樹さんは「地元で暮らしていても気付かないようなまちの魅力を発見し、観光で来る人たちに自然の豊かさや感動を伝えたい」と抱負を語る。
 宮形さんは昭和四十五年四月、室蘭市の生まれ。小樽商科大学を卒業し、民間企業に一年間勤めた後、道庁入り。経済部計量検定所を皮切りに、胆振支庁商工労働観光課、道庁経済部観光のくにづくり推進室、経済部総務課を経て、美深町役場へ派遣された。
 町役場での勤務で「地域をいろいろ見て回り、多くの人たちと出会って話をしながらまちを知りたい。現場や住民と近い所で仕事することができるので、皆さんと一緒に力を合わせて美深町を盛りたてたい」と意欲を燃やす。

(写真=まちの魅力を発見したい―と抱負を語る宮形さん)

[ 2010-04-16-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2010年

4月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
12日
13日
14日
15日
16日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.