地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2010年4月13


市外業者受注が半数超
名寄の建築確認申請・21年度の専用住宅は64件

 【名寄】名寄市が二十一年度の取り扱った建築確認申請のうち、専用住宅の件数は前年度比四件減となったほか、市内と市外業者の受注割合をみると市外業者の増加で五〇%を超え市内業者との比較で逆転した。十八年度に一度、市外業者の受注件数が市内業者を上回ったが、その後二年間は、市内業者が半数以上を確保。だが二十一年度に再度逆転した。また、アパートなどの共同住宅では民間の建築件数が伸びており、古いアパートなどの空き室対策が表面化してきそうな状況となっている。

[ 2010-04-13-19:00 ]


職務の遂行を誓う
名寄駐屯地の新隊員入隊式

 【名寄】陸上自衛隊名寄駐屯地第三普通科連隊(高橋武也連隊長兼司令)の二十二年度新隊員(一般陸曹候補生)入隊式が十一日、名寄駐屯地体育館で行われ、新隊員が自衛官としての新たなスタートに気持ちを引き締めた。
 入隊式では、父母や来賓などが見守る中、新隊員一人一人の名前が告げられ、高橋連隊長が全員を二等陸士に任命。新隊員の堀部研斗さん(旭川市出身)の申告に続き、藤原大輔さん(名寄市出身)が「自衛官として、強い責任感を持って職務を遂行し、国民の負託に応えることを誓います」と宣誓した。
 入隊式終了後、祝賀会が同駐屯地内の隊員食堂で開催。来賓から多くの激励を受け、板谷翔太さん(名寄市出身)がお礼を述べた。

(写真=22人が自衛官として任命された入隊式)

[ 2010-04-13-19:00 ]

代表権かけ歌声競う
名寄・全道民謡大会の道北地区予選

 【名寄】北海道民謡連盟道北地区民謡連合会主催の第三十二回幼少年・第十一回寿年者・第十八回熟年者道北地区民謡大会が十一日、市民会館で開かれ、出場者たちが自慢ののどを披露した。
 二十二年度北海道知事旗争奪全道民謡決勝大会道北地区予選を兼ねたもの。和寒以北稚内から幼年の部に四人、少年少女の部十五人、寿年の部二十六人、熟年の部に三十一人が参加。大会は道北地区連合会伴奏部による演奏で開幕。幼年の部では着物に身を包んだかわいらしい子供たちが「石狩川流れ節」や「南部酒屋元すり唄」などを元気いっぱいに披露。各部の出場者たちも日ごろの練習成果を披露し、会場からは大きな拍手が送られていた。

(写真=出場者が自慢ののどを披露した大会)

[ 2010-04-13-19:00 ]

21年度は42人が受講
下川商工・空き店舗利用した学習塾で

 【下川】下川町商工会(夏野俊一会長)は、このほど空き店舗で開講した学習塾「志伸舎(ししんしゃ)」の二十一年度利用状況をまとめた。
 「志伸舎」は国のふるさと雇用再生特別対策事業(二十一年度から三カ年)の助成を受け、空き店舗利用と雇用の場づくりを目的に昨年八月に町内ターミナルロード沿いの旧苅谷産業で開講。今年三月三十一日までの開設日数は百八十七日。受講生は八月の無料体験期間や春期講習も含めて、小学生十六人、中学生十六人。また、昨年十月からは中学生以上を対象に家庭教師派遣や個別指導も実施。一人当り週一回九十分の授業。今年三月三十一日までの開設日数は百四十二日間で、受講者は社会人一人、高校生六人、中学生三人。
 今月九日現在、学習塾授業で中学生九人、小学生三人。家庭教師、個別指導で社会人一人、高校生七人、中学生一人が受講している。

[ 2010-04-13-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2010年

4月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
12日
13日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.