地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2010年4月4


国家資格試験で高い実績
名寄市立大学・志願者数が前年比約2倍

 【名寄】名寄市立大学(青木紀学長)保健福祉学部の平成二十二年度一般入試志願者数は、前年度比約二倍増。開学五年目で、道内の国公立大志願者伸び率ナンバーワンに押し上げた。同大学では、一年次から国家資格取得に向けた意識付けを行うなど保健、医療、福祉の専門家の育成に力を注いでおり、今春卒業した一期生の国家試験合格率をみても全国比較で高い実績を残し、就職活動で大きなアドバンテージとなる資格取得につながる大学として人気を集めた。
 一期生の国家試験結果は、社会福祉学科四十三人が社会福祉士試験に挑み、合格者二十四人、合格率五五・八%(全国平均二四・五%)。受験者十人以上の福祉系大学数百校の中で道内一位、全国でも上位の二十一位となった。看護学科の看護師試験は、四十六人中四十三人が合格。合格率九三・五%(全国平均八九・五%)で、多くの学生が難度の高い試験をクリア。栄養学科の管理栄養士試験の合格発表は五月。

(写真=国公立大志願者で道内1の伸び率を見せた名寄大)

[ 2010-04-04-19:00 ]


92人の来名を歓迎
道北なよろ農協・中国農業研修生の受け入れ式

 【名寄】道北なよろ農協(中島道昭組合長)の二十二年度中国農業研修生受け入れ式が二日、智恵文多目的研修センターで行われた。中国農業研修生の受け入れは、平成八年から旧智恵文農協が主体となり実施。十七年二月の道北なよろ農協発足後、実施機関を同農協が引き継ぎ名寄地区、風連地区を一本化して行われてきた。
 今年は中国の遼寧省、吉林省から九十二人が来名。約七カ月間(酪農は一年間)滞在し、五十七戸の受け入れ農家で実習に励む一方、地域で行われる各種行事にも参加しながら、日本の生活や文化に慣れ親しんでいく。
 式には、研修生や受け入れ農家など約二百人が出席。中島組合長が「生活習慣の違いなど不安なこともあると思うが、受け入れ農家のお父さん、お母さんの話を聞いて研修に臨んでほしい」とあいさつ。研修生を代表し、ハンジンホェ団長が「メンバーと協力しながら一生懸命頑張ります」と決意を述べた。

(写真=日本での生活がスタートした中国研修生の受け入れ式)

[ 2010-04-04-19:00 ]

春の使者アオサギ飛来
名寄市中名寄・多雪で昨年より5日遅れ

 【名寄】春の使者、アオサギの群れ第一陣が昨年より五日ほど遅れ二日早朝、中名寄にやってきた。
 毎年、アオサギ飛来を観察している近くの農業、村上悦治さんによると、今年は三月三十一日に数羽の先発隊が飛来、四月一日に二十羽。そして二日、ようやく本隊約七十羽が飛来した。「例年なら第一陣が三月二十日ころやって来るが、今年は雪が多いためか、例年よりかなり遅れた」と村上さん。
 同地区へのアオサギ飛来は平成五年から始まり、今年で連続十八年目。この後、さらにその数を増し三百羽前後となる。飛来したアオサギの群れは、一週間ほど村上さん宅から数百メートル離れた水田地帯に舞い降り、やがて名寄川を隔てた針葉樹林に移動し、コロニーを形成する。今月下旬に四、五個の卵を産み、抱卵、ふ化、子育てを行い、七月中旬ころから成長したひなたちの巣立ちが始まる。

(写真=水田地帯で翼を休めるアオサギたち)

[ 2010-04-04-19:00 ]

カラオケ館もオープン
下川・五味温泉が旧浴室を改装

 【下川】下川町班渓にある五味温泉(西屋美津子支配人、従業員二十人)では旧浴室などを改修し、木の温もりあるカラオケルームや休憩室を設けた。一日から利用者に開放している。
 五味温泉の旧浴室は平成十年に新しい浴室を増設後、使われていなかったが、利用者へのサービス向上、従業員の福利厚生を図るために利用者用休憩室とカラオケルーム二室、それにつながる多目的スペースのほか、従業員用の休憩室やロッカー室、脱衣室に改修。
 利用者用休憩室の大きな窓は森林が一望でき開放感ある空間となった。カラオケルームは二十人用と十人用で二室あり、ドア、テーブルやイスまで地域材が使われた。最新の機器を備えており一曲百円。日帰り客は午前十一時から午後六時まで、宿泊客は午後六時から同十一時まで利用することができる。

(写真=木の温もりいっぱいのカラオケルーム)

[ 2010-04-04-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2010年

4月

1日
2日
3日
4日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.