地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2010年4月1


新たな職場に気を引き締める
本紙管内・3自治体で辞令交付

 本紙管内の各自治体は一日、職員の人事異動に伴う辞令交付式を行った。地方自治体の財政状況が厳しさを増す中、地域課題が幅広く山積していることから、辞令を受け取った職員は真剣な表情で首長の訓示に耳を傾け、住民ニーズに応えた行政運営に対する意識を高めるとともに、新たな職場に気持ちを引き締めた。
 【名寄】名寄市の辞令交付式は、午前九時から市役所名寄庁舎で行われた。 式では、島多慶志市長が職員に辞令を手渡し、「市民に対する行政サービスを分かりやすく受け止めてもらえる機構改革に努めたことからも、前任の業務範囲にとどまることなく、英知を絞って前任者ができなかったことに挑戦し、サービス向上を目指して仕事に励んでほしい」とあいさつ。辞令を受け取った職員は新たな職場に気持ちを引き締めていた。

(写真=島市長が職員1人1人に辞令を手渡した名寄の交付式)

[ 2010-04-01-19:00 ]


20年度から77件が利用
下川の住宅リフォーム助成

 【下川】下川町が二十年度から実施している住宅リフォームの助成制度は、二十二年度で最終年を迎えるが、二十一年度までに七十七件の利用があった。本年度も千九百万円の予算を計上し、今月一日から受け付けを開始している。
 これまでに住宅リフォーム助成を受けたのは、二十年度が三十五件で補助金総額千四百八十九万円九千円。二十一年度は四十二件で千八百七十一万六千円となった。主な利用は屋根、外壁、風呂場などの改修。本年度は当初予算として四十五件を想定し、千九百万円を計上している。
 地域振興課では「家が暖かくなったと好評。どんどん利用してほしい。気軽に相談を」と話している。

[ 2010-04-01-19:00 ]

智恵文で男性2人研修
農業、農村振興審議会・新規就農予定者認定の答申

 【名寄】名寄市農業・農村振興審議会(中島道昭会長)の柴崎富雄副会長が、三十日に市役所風連庁舎の島多慶志市長を訪れ、「新規就農予定者認定の可否」の答申した。
 市内で就農を目指すのは、東京都でテレビ番組制作に携わっていた男性二人で、農業に将来性を感じて就農を決意。北海道農業担い手育成センターの紹介を受け、智恵文の関谷ファームでの農業体験実習を終え、二十二年四月から二年間、農業技術や知識習得のための実務研修を行う。二人は新規就農予定者として適格と認めたられたことから今回の答申となった。実務研修期間中、営農実習助成金などの支援がある「名寄市新規就農者等に関する条例」の適用を受けることができる。
 この日、柴崎副会長が来庁し、島市長に答申書を提出。関谷ファームには後継者がいないことから新規就農予定者の二人は研修後、同ファームの農地を買い取り、畑作・野菜の共同経営を行うことが説明され、島市長は若い男性二人の今後の活躍に期待した。

(写真=新規就農予定者の可否で答申する柴崎副会長)

[ 2010-04-01-19:00 ]

救命率向上に期待
下川に高規格救急車が納車

 【下川】上川北部消防事務組合下川消防署(佐藤雅博署長)は、下川町に配当された国の「地域活性化・経済危機対策臨時交付金」の一部二千二百万円を使って、高規格救急自動車を導入したが、三十日に同署へ納車された。
 同消防署は署員十四人でそのうち救急救命士が三人。これまでは救急車一台のみで対応してきたが、円滑な救急活動が行えるように―と、高規格救急車を導入。高規格救急車は振動を吸収し患者の負担を軽減する防振機能付きのストレッチャー架台、空気圧縮機、多機能心電図モニターや電動吸引器、既存のものを含むレスキューセットなど救急救命処置を実施するための器材が搭載されている。
 この日は高橋裕明副町長や町職員も消防署員の説明を受けながら、納入されたばかりの救急車を見学し、町の救急救命率向上への期待を高めていた。

(写真=下川消防署に納車された高規格救急自動車)

[ 2010-04-01-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2010年

4月

1日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.