地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2010年3月5


女子内定が一転前年比プラス
名寄職安高卒就職・管内への切り替えが奏功

 【名寄】名寄公共職業安定所は、今春高校卒業者の一月末、就職内定状況をまとめた。全道的に就職活動が厳しさを増す中、内定率は七九・七%と前年同期を一一・一ポイント上回る好調ぶり。道内求人の大幅減で特に苦戦を強いられてきた女子の就職だが、一月中に一転、管内での内定が進んだことから内定率は前月比一六・六ポイント増となる七五・九%となり、同職安は「女子の就職内定の伸びは、道内での就職を希望していた生徒が、管内就職へと切り替えたことが大きな要因」と説明する。
 同職安では「積極的に職安を訪れてほしい。前年を上回る就職内定率となっているが、最後の一人が決まるまで互いに頑張りたい」と呼び掛けている。

[ 2010-03-05-19:00 ]


市長選勝利へ支持拡大
加藤氏後援会の設立総会

 【名寄】名寄市長選挙に出馬表明している加藤剛士氏(39)の後援会組織「加藤たけしと耀く名寄をつくる会」の設立総会が四日、紅花会館で開かれた。
 総会には支持者三百五十人(主催者発表)が出席。加藤氏は『このまちを愛することからはじめよう!』をキャッチフレーズに「先輩たちのおかげで今の名寄市があることに感謝すると同時に、これからは責任世代の親である自分たちが立ち上がり、子供からお年寄りまで幅広く住みやすいまちづくりを進めなければならない」と決意を述べ、より一層の支持拡大を求めた。
 また、八日午前九時半から旧ハスムネ電器店(市内西一南七)で事務所開き、二十九日午後六時半からホテル藤花で総決起大会を開く予定。

(写真=選挙戦への決意を述べる加藤氏)

[ 2010-03-05-19:00 ]

顧客の満足度向上へ
名寄・接遇応対マナーセミナー

 【名寄】日本電信電話ユーザ協会名寄地区協会、名寄商工会議所共催の接遇応対マナーセミナーが四日、名寄商工会館で開かれた。
 顧客に対し、親切で温かみのある接し方ができるよう、実践を通して接客マナーを身に付けてもらうことが目的。今年は十七歳から三十代まで三十一人(男性八人、女性二十三人)が受講した。
 講師は泣Gスパス・マナーアカデミーのチーフインストラクター、成田裕美さん。顧客の事前期待に応えるため(1)商品の品質、業務知識(2)価格(3)スピード(4)接客態度─が大切で「お客からみれば新人もベテランも同じ。なるべく早く業務知識を深めてほしい。また、しっかりとした接客態度でなくては、クレームが発生してしまう」などと説明した。
 受講者は、顧客満足度向上のため、講師の話を聞きながらメモを取るなど、接客マナーの基本スキルを身に付けていた。

(写真=接客マナーの基本スキルを学ぶ受講者)

[ 2010-03-05-19:00 ]

感謝込めて卒業祝う
名寄・智恵文小で6年生送る会

 【名寄】智恵文小学校(稲垣克男校長、児童二十八人)の「六年生を送る会」が四日、同校体育館で開かれた。
 卒業生との学校生活を振り返り、感謝の気持ちをもって卒業を祝おうと、児童会(若島美月会長・五年)が中心となって一カ月前から準備してきた。
 本年度の卒業生は尾関信彰君と夏井士郎君、若嶋敦志君の三人で在校生の拍手に迎えられて体育館に入場。
 在校生と教職員が楽器演奏やクイズなどの出し物を披露。また、ゲームで体を動かした後は六年生にメッセージカードをプレゼントした。六年生は残り少なくなった小学校生活の思い出をつくった。

(写真=さまざまな出し物で楽しませた送る会)

[ 2010-03-05-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2010年

3月

1日
2日
3日
4日
5日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.