地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2010年2月20


総額で約3億円の支給
名寄市の子ども手当試算

 【名寄】「子ども手当」は現在、国会で審議されているが、名寄市の試算では、二十二年度の総額で約三億円が支給されることになりそうだ。現行の児童手当よりも約二倍に増えることになり、六月から三回に分けて支給するため、名寄市も準備を進めている。
 名寄市の試算によると、現行の児童手当は対象が千八百六十四人で、総額約一億五千万円が支給されていたのに対して、新たな子ども手当については、二十二年度で対象者が約四百人増の二千三百十二人を見込み、支給総額は約三億円となると予想。児童手当の二倍の金額が支給される計算で、名寄市の消費動向にも影響を与える数字となりそうだ。

[ 2010-02-20-19:00 ]


5年連続全日本出場
名寄の江畠さん・北海道技術選手権で8位

 【名寄】名寄地方スキー連盟所属、智恵文保育所保育士の江畠絵美さんが、このほどルスツリゾートスキー場で開かれた「第四十七回北海道技術選手権大会兼第二十七回全日本スキー技術選手権大会北海道予選会」に出場。女子決勝で八位入賞を果たし、五年連続の全日本大会出場を決めた。
 江畠さんは、夏場は市内の自宅から職場まで自転車で通うなど体力、筋力強化を図り、冬場は同連盟指導員の谷口正男さんから指導を受けながらピヤシリスキー場で技術向上に励んでいる。
 全日本大会は三月八日から長野県で開催。昨年は過去最高の準決勝二十三位を収めたものの、三年連続準決勝で涙をのんでいるため、決勝進出への思いは強く「目標は決勝に残ること。保育所やスキー学校の理解があって、できることなので、応援してくれている皆さんのためにも頑張りたい」と抱負を語る。

(写真=「目標は決勝」と語る江畠さん)

[ 2010-02-20-19:00 ]

高レベルの攻防展開
名寄・道カーリング選手権大会

 【名寄】北海道カーリング協会(土居博昭会長)主催の第二十九回北海道カーリング選手権大会兼アルバータ杯カーリング大会が、十八日から四日間、道立サンピラー交流館で開かれ、氷上で熱い戦いを繰り広げている。
 来年開催予定の第二十八回日本カーリング選手権大会の出場選考などを兼ねた大会で、名寄では三年ぶりの開催。道北、道央、道南、道東、オホーツクの各ブロック代表として男子二十チーム、女子八チームが出場。
 試合は。予選各ブロックの一、二位チームが決勝トーナメント(男子八チーム、女子四チーム)に進出。狙った位置にストーンを止めたり、相手ストーンをはじき出すなど各シートでは、レベルの高い攻防が繰り広げられている。

(写真=氷上で熱戦を繰り広げた選手たち)

[ 2010-02-20-19:00 ]

親子で室内体操楽しむ
下川・就学前児童の家庭教育講座

 【下川】下川町公民館主催の家庭教育講座「改善しよう、子供たちの生活リズム」が十八日、町幼児センター「こどものもり」で開かれた。
 就学前児童と親の触れ合いを目的に毎年開催。今回は同施設内の子育て支援センター「きらきら」で、一、二歳児を対象に実施、十組の親子が参加。講師は上川町教育委員会の岡田智英社会教育主事。岡田主事は「一歳児前後は新しいものが敏感になる時期。見るもの、音、手触り、足の裏の感覚も過敏に感じとります。いろいろなものに触れさせて体験させてください」と話し、親子でできる室内体操を紹介した。
 保護者たちはリズムに合わせて子供を抱きあげたり、自分の足の上に乗せて一緒に歩いたり、くるくる回転させながら、スキンシップを楽しんだ。

(写真=室内体操を楽しんだ1・2歳児と保護者たち)

[ 2010-02-20-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2010年

2月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
8日
9日
10日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.