地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2010年2月12


学校修繕や道路改修
名寄市・地域活性化交付金で53事業

 【名寄】名寄市は、国の二十一年度第二次補正予算に盛り込まれている「地域活性化・きめ細かな臨時交付金」で、事業費二億千七百万円、五十三件の事業に取り組むことにしている。事業の多くは二十二年度当初予算案に要求されたもので、事業を前倒しする形で二十一年度中に実施する。この中には、風連駅跨線橋(こせんきょう)の修繕工事など地域要望が多い事業も取り込んでおり、二月に開かれる市議会定例会に提案する。
 「明日の安心と成長のための緊急経済対策」として、国は追加経済対策を打ち出し、第二次補正予算の中に地方支援に向けた総額五千億円の「地域活性化・きめ細かな臨時交付金」を盛り込んだ。使途は経済対策の性格上から都市部の緑化、危険な橋の補修などインフラ整備というハードなものに限定されており、名寄市には一億九千三百五十万五千円が交付される見通しとなっている。

[ 2010-02-12-19:00 ]


カーリングで親交深め
韓国ジュニアが名寄を楽しむ

 【名寄】日本体育協会主催の日韓青少年冬季スポーツ交流事業で、韓国のジュニアカーリングチームに所属する中学生とコーチら合わせて十三人が名寄を訪れ、九、十の両日は地元名寄のカーリング協会ジュニアチームに所属する中学生と合同練習や交流試合をで親交を深めた。
 期間中は、韓国と名寄のジュニア選手らはともに、なよろ温泉サンピラーに宿泊し共同生活。日中は、道立サンピラー交流館カーリングホールでの合同練習や交流試合で汗を流し、互いのカーリング技術を向上。このほか、名寄カーリング協会に所属する小学生選手との交流練習やスノーモービル試乗などを楽しむなど、韓国選手団の一行は名寄での思い出を深めた。

(写真=名寄と韓国のジュニア選手が親交を深めた交流試合)

[ 2010-02-12-19:00 ]

「心の支援が大事」
名寄市町内会生活安全研修会・高齢者うつで伊東所長講話

 【名寄】名寄市町内会連合会(完土昭二会長)主催の平成二十一年度町内会生活安全研修会が九日、市総合福祉センターで開かれた。
 地域住民の生活安全意識の高揚を図ることを目的とした研修会。本年度は「健康」をテーマに、名寄保健所の伊東則彦所長から高齢者うつの予防法などを聞いた。
 会員約百十人が参加。伊東所長が「心身ともに健康で生活するために」で講話。身近な人が亡くなることや定年退職などの喪失体験をきっかけに、うつ病にかかりやすくなるとし、「高齢者のうつ病の特徴は、生きがいや興味の消失、漠然とした不安感を訴える場合が多い。また、認知症の場合、約四〇%が抑うつ状態を持っているため、うつ病と認知症との区別が難しい」。高齢者のうつ病は自殺率が高く、「普段からコミュニケーションを心掛けたり、日常生活でできるようになったことをほめるなどの心の支援が大事」と説明するとともに、支援者の協力体制も重要とした。
 参加者は、伊東所長の講話に耳を傾けながら健康に生活するための知識を深めていた。

(写真=健康に生活するための知識を深めた研修会)

[ 2010-02-12-19:00 ]

先進事例など聞く
美深で農業冬期研修会

 【美深】上川北部地区農業改良協議会(会長・山口信夫町長)の二十一年度冬期研修・活動報告会が九日、美深町文化会館で開かれた。
 同協議会は美深、音威子府、中川の三町村と北はるか農協、上川農業改良普及センター上川北部支所で組織。冬期研修は、地域農業発展のため農業経営や消費者交流などで先進事例を聞くとともに、農畜産物の品質向上や加工開発の取り組みなどを報告。その成果について意見交換することを目的としている。
 研修には、農業者ら四十八人が出席。浜頓別町の酪農家でファームイン喫茶「何もない静かな山奥ぶんちゃんの里」オーナーの小川文夫さんが「私の酪農経営と消費者交流活動〜酪農体験から伝えたい食と命の大切さ〜」をテーマに講演。引き続き、美深町4Hクラブ会員の塩崎智史さん、音威子府の阿部勝則さん、美深町春小麦初冬まき生産組合の戸梶昇組合長と美深町麦チェン推進協議会の草野孝治事務局長が活動報告。出席者たちは先進事例を参考としながら今後の農業経営に役立てた。

(写真=3町村の農業者らが出席した研修会)

[ 2010-02-12-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2010年

2月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
8日
9日
10日
12日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.