地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2010年2月5


10回記念しバッジ作製
なよろ国際雪像彫刻大会

 【名寄】第十回なよろ国際雪像彫刻大会ジャパンカップ〜なよろ雪質日本一フェスティバル〜が、二月九日から南広場をメーン会場に開催されるが、同実行委員会では第十回大会を記念し、このほど、バッジとポストカードの記念グッズを作製。同フェスティバル会場などで販売する。また、同フェスティバル期間中は、漫才コンビ「ラフ→チケット」などのステージショーやスノーボードイベントなどの関連事業が予定され、名寄の冬を楽しんでもらう。
 同ジャパンカップの開催を記念し、同実行委ではバッジとポストカードの記念グッズを作製。バッヂは白クマのキャラクターなどがデザインされ、千個を作った。ポストカードは、同ジャパンカップ歴代優勝の九作品をポストカードにしたもので、六百セットを用意。バッジは一個五百円、ポストカードは一セット(九枚入り)千円で、同フェスティバル会場で販売されるほか、同協会事務所、なよろ親林館で扱っている。

(写真=第10回国際雪像彫刻大会を記念し作製したバッジ)

[ 2010-02-05-19:00 ]


今後の生きる糧に
自由人、作家高橋歩さん・10日に名寄でトークライブ

 【名寄】夢と冒険に生きる自由人・作家「高橋歩 TALK LIVE in NAYORO」が十日午後六時から名寄第一電気館で開かれる。入場は無料で、同日午後四時から同電気館前で入場整理券が配布される。主催するPLAY NAYORO実行委員会では、多くの来場を呼び掛けている。
 名寄でのトークライブを企画したのは、高橋さんが代表を務める「Play Earth」プロデューサーの土井雅史さん。「Play Earth」は、世界中を旅しながら気に入った場所にアジト(カフェ、レストラン、ゲストハウスなど)つくる活動を展開している。
 当日は、午後六時から北海道出身のシンガーソングライターで、全国各地で年間百本以上のライブを展開している中田雅史さんのライブ。同七時半から高橋さんのトークライブを予定している。

(写真=多くの来場を呼び掛けるトークライブのチラシ)

[ 2010-02-05-19:00 ]

ジャンプの町をPR
下川・トマトジュース冬限定ラベル

 【下川】町と下川町ふるさと開発振興公社クラスター推進部は、スキージャンプの絵が描かれた冬季限定ラベルのトマトジュース「ふるさとの元気」を発売、町内の各取扱店で販売している。
 下川出身ジャンパーたちのバンクーバー五輪出場を契機に、ジャンプの町としてのPRと町特産品トマトジュースの販売促進につなげるのが狙い。クラスター推進部では「町内の五輪応援ムードも盛り上げていきたい」と話している。
 冬季限定ラベルは、白色のラベルに雪の結晶やVの字ジャンプのシルエットなどが描かれている。
 限定ラベルのジュースは、五百ミリリットル入りのみで五千本を販売する。価格は通常のラベルと同じ。収益の一部は下川ジャンプ少年団の活動経費に役立てる。

(写真=冬季限定のジャンプラベルのトマトジュース)

[ 2010-02-05-19:00 ]

冬まつりに杉並代表団
名寄市職員研修講師に区職員

 【名寄】ふうれん冬まつりに、今年も東京都杉並区から代表団が訪問する。今年は常勤の四居誠代表監査委員ら四人が訪れ、友好交流のきずなを再確認する。また、十二日に行う名寄市職員研修講師に杉並区の職員を招くなど、交流のすそ野を広げる。
 旧風連町時代に締結された杉並区との友好交流自治体関係が縁で、区から冬まつりに合わせ、代表が派遣されている。今年は区代表として、区四役となっている代表監査委員の四居さんと区議会から島田俊充副議長ら四人が派遣されるとの連絡が入っている。
 また、十二日の名寄市職員研修では、杉並区危機管理室地域安全担当の大八木清高課長を講師に招く。合併後の新名寄市として、杉並から区職員を講師に招くのは初めてのことだ。

[ 2010-02-05-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2010年

2月

1日
2日
3日
4日
5日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.