地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2010年1月10


地デジや防災情報提供
美深町・光ファイバー通信網整備

 【美深】美深町は、全町に光ファイバー通信網を整備する「地域情報通信基盤整備事業」に着手する。役場庁舎から各世帯に光ファイバーケーブルをつなぎ、地上波デジタルテレビ(地デジ)放送の難視聴解消や防災情報の送信、超高速インターネット通信を可能とするもので、事業費は十四億四千九百万円を見込んでおり、そのうち十二億五千五百八十万円を地域情報通信基盤整備推進交付金や公共投資臨時交付金といった国の補助金を充当。二十二年度までに整備を完了させる予定としている。
 総務省では、全国の希望自治体を対象に「地域情報通信基盤整備事業」を実施。道内では五十市町村、本紙管内では下川町でも同事業に着手することにしている。

[ 2010-01-10-19:00 ]


責任ある行動を自覚
名寄駐屯地の新成人激励会・隊員58人の節目を祝う

 【名寄】陸上自衛隊名寄駐屯地(高橋武也司令)の二十二年新成人激励会が八日、同駐屯地隊員食堂で開かれた。
 今年、同駐屯地で成人を迎えた隊員は五十八人。激励会には新成人隊員や上官、来賓ら約三百人が出席。高橋司令が「成人おめでとう。若さは何事にも代えがたいが、年月が経たなければ若さの良さはわからない面もある。成人を機に、若さとはどういうものか、社会人としてどうあるべきかを考えてほしい。」とあいさつ。
 早川浩司第四高射特科群長の音頭で祝杯後、出席者全員で会食を楽しんだほか、高橋司令から各部隊の新成人代表隊員に記念品が手渡された。

(写真=高橋司令から記念品を受ける新成人の隊員たち)

[ 2010-01-10-19:00 ]

春には豊栄川へ放流
名寄豊西小・今年もサケの稚魚飼育

 【名寄】豊西小学校(上村勝弘校長)では今年も校内でサケの稚魚を飼育している。春には校舎の裏を流れる豊栄川に放流することになっており、児童たちは生まれたばかりの小さな命の成長を見守っている。
 同校では、平成十五年から卵からのサケの飼育に取り組んでおり、留萌管内さけ・ます増殖事業協会の中川ふ化場から採卵日が十月二十六日の発眼卵(はつがんらん)五百粒の提供を受けた。
 今年はふ化場から提供を受けた十二月八日の翌日にはふ化をはじめ、職員玄関前に設置した水槽では腹にオレンジ色の臍嚢(さいのう)を抱えた稚魚が泳ぐ姿が見られるようになった。ゆらゆらと水底を泳ぐ稚魚を見て、児童たちは「ダンスしているみたいだね」と感動している様子。体長が五〜七センチになる三月ごろには児童会役員らで放流を予定している。

(写真=小さな命の成長を見守る児童たち)

[ 2010-01-10-19:00 ]

2月に札幌大会開く
下川のミニチュアジャンプ

 【下川】毎年、下川町のアイスキャンドルフェスティバルで行われている「ミニチュアジャンプ世界選手権」の札幌大会が、二月六、十一、十四日の三日間に大倉山ジャンプ競技場で開催されることが決まった。
 ミニチュアジャンプは、プラスチックの人形を雪山のジャンプ台から飛ばして飛距離を競う遊びで、下川町が発祥とされている。下川出身ジャンパー、岡部孝信選手や葛西紀明選手もよく遊んでいたようだ。
 会場に雪山を作って、その上から専用の鉄板製ミニチュアジャンプ台を使って、重りを付けたジャンプ人形を飛ばして飛距離を競う。町外へ進出するのは今シーズンが初めて。大倉山ウィンターフェスタ(二月五日から同十四日)に合わせて、大倉山ジャンプ競技場の敷地に同様のジャンプ台が設置され開催される。

(写真=下川で毎年行われている大会)

[ 2010-01-10-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2010年

1月

1日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.