地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年12月26


料金や体制など説明
名寄市議会民生常任委・市病のセカンドオピニオン

 【名寄】名寄市議会民生常任委員会(佐藤勝委員長)が二十四日、市役所名寄庁舎で開かれた。名寄市立総合病院が二十二年度からの開設を予定している「セカンドオピニオン外来」の料金内容などについて、市側から説明を受けた。
 この日の委員会では、市がセカンドオピニオン外来の設置内容で「病院機能評価の中で患者の権利を求められていることも設置の背景にある」とした上で、医師から相談も含めた意見を聞く時間の料金設定案を同院の外来稼動額に対する医師の一時間当たり単価や、同外来を設置している道内外の病院などを参考に「三十分一万五百円」「三十分を超えて四十五分まで一万五千七百五十円」「四十五分を超えて六十分まで二万一千円」としている。保険適用はないことから、全額自己負担になることを説明した。

[ 2009-12-26-19:00 ]


レベルアップ目指す
名寄・ジュニアスキー教室開講

 【名寄】ジュニアスキー教室「初心者・初級者レッスン」が二十五、二十六、二十七の三日間、風連スキー場で開講され、子供たちが楽しみながらレベルアップを目指している。
 風連町スキー協会、風連スポーツクラブ「ポポ」、風連公民会の共催。市内の小学生五十人を募集しているが、毎年、定員を超える人気を見せており、本年度は風連地区を中心に六十人が受講している。
 学年や技術に合わせて班編成したが、一年生グループは、スキーを履いて歩くなどの基礎練習から始まり、慣れた場所からスタート。ほかのグループも指導者のアドバイスを受けながらスキー技術を向上させていた。

(写真=スキーを楽しみながら練習に励んだ子供たち)

[ 2009-12-26-19:00 ]

鏡もちを市内6カ所に
名寄市もち米生産組合が寄贈

 【名寄】名寄市もち米生産組合(及川唯夫組合長)は二十五日、市役所名寄庁舎を訪れ、鏡もちを寄贈した。もち米のPRと今年一年の感謝の気持ちを込めたもので、毎年、市内の関係機関などに寄贈している。
 名寄庁舎には、及川組合長ら三人が訪問。「はくちょうもち」で作った重さ四・五キロの立派な鏡もちを届けたが、島多慶志市長は「毎年、立派な鏡もちを寄贈していただき感謝しています。今年は天候不順で農家が報われない一年となりましたが、来年は農家が喜べる年になるよう願いながら、いただいた鏡もちは正月の間、庁舎一階ロビーに飾ります」とお礼を述べた。

(写真=島市長に鏡もちを手渡す名寄庁舎での寄贈)

[ 2009-12-26-19:00 ]

版画カレンダー完成
下川・山びこ学園利用者が手作り

 【下川】町立「山びこ学園」(白石仁園長、利用者五十人)では、今年も利用者たちが手作りした来年の「ゴム版画カレンダー」が出来上がり、日ごろお世話になっている事業所などにプレゼントした。
 カレンダーに印刷するゴム版は、利用者が自由な発想でトラ、雪だるまと一緒にスキーをしている人、こいのぼり、ひな人形、イモ焼きなど季節感ある個性豊かな絵を描いて、彫り上げて作ったもの。日付の部分などは職員がパソコンで作成した。
 画用紙に一枚一枚印刷。利用者の想像力あふれる月めくりカレンダー二百部を作った。これを役場、病院、駐在所などにプレゼントして喜ばれている。

(写真=山びこ学園利用者が手作りした来年のカレンダー)

[ 2009-12-26-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

12月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
24日
25日
26日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.