地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年12月12


基金を1〜2億円活用
名寄市議会一般質問で答弁・新年度建設事業は19億円程度

 【名寄】第四回名寄市議会定例会は十一日午前中、東千春議員(市政クラブ)と木戸口真議員(凛風会)が一般質問を行った。木戸口議員の新年度予算も含めた総合計画との整合性を図った財政運営の質問に、佐々木雅之総務部長は「継続事業はできるだけ盛り込み、新規事業は新市長就任後に肉付け予算として提案する」としたほか、普通建設事業規模は概算で十九億円程度を見込む。基金の活用では「具体的な数字は査定後となるが、骨格予算という点からすると一億円から二億円程度が必要になると考えている」と答えた。

[ 2009-12-12-19:00 ]


高品質米の安定生産へ
名寄市モチ生産組合・設立40周年記念式典で誓う

 【名寄】名寄市モチ生産組合(横山巌組合長)の設立四十周年記念式典が十一日、ホテル藤花で開かれ、節目の年を祝った。
 式典には、モチ生産組合員、農協役職員ら百人が出席。横山組合長は「今年は日照不足、長雨で品質、収量とも不本意な結果に終わったが今後、高品質米の安定生産を目指すとともに、生産者と実需者が一体となって、顔の見える生産に取り組んでいきたい」と式辞を述べた。
 式典終了後、祝賀会が開かれ、出席者たちは思い出を振り返りながら、消費者に信頼される良質米生産に向けて気持ちを新たにしていた。

(写真=組合員や農協役職員らが出席した記念式典)

[ 2009-12-12-19:00 ]

ゲームなど楽しむ
名寄・智恵文小で全校集会開く

 【名寄】智恵文小学校(稲垣克男校長、児童二十八人)の全校集会が十一日に開かれ、児童らが楽しいひとときを過ごした。
 仲間との連帯感や豊かな表現力などを身に付けることを目的に、児童会主催で毎年実施している行事で、今年も六月から準備を進めてきた。
 三年生以上の児童が縦割り四つのグループに分かれて、飲み物やおやつが提供される「おやつ王国」、教室内に隠された物を探す「宝探し」、静電気の性質などを利用した「実験室」、体を使ったゲームで遊ぶ「スポーツセンター」のコーナーを設けた。
 この日は、全校児童のほかに来年同校に入学予定の智恵文保育所児四人を招き、交流をふかめながら盛り上がっていた。

(写真=保育所児も招き盛り上がった智恵文小の全校集会)

[ 2009-12-12-19:00 ]

社会福祉学科の学生と交流
ピヤシリ大4年生が名寄大訪問

 【名寄】名寄ピヤシリ大学四年生二十二人は十日、講義の一環として名寄市立大学を訪問。社会福祉学科二年生と交流を深めた。
 ピヤシリ大学では、昔遊びを通じた小学生との交流授業は行っているが、名寄市立大学生との交流は初めてのこと。
 社会福祉学科二年は、必修科目「社会福祉援助演習U」の高田グループ(グループリーダー・齋藤崇さん)の学生と、特別講師の社会福祉学科四年、田中香澄さんが参加。 「名寄の商店街を活性化するためには、何をしたらよいか?」をテーマにアイデアを出し合うグループ活動を通して触れ合うなど、親睦(しんぼく)を深めた。

(写真=グループ活動を通して交流を深めた両大学の学生)

[ 2009-12-12-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

12月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.