地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年12月4


管内求人復調の兆し
名寄職安高校就職・積極的な姿勢が奏効

 【名寄】名寄公共職業安定所は、来春高校卒業予定者の十月末就職内定状況をまとめた。内定率は五一・五%と前年同期比六ポイントの上昇して健闘をみせている。一方、求人数は総体で前年の約半数と厳しい状況だが、管内求人数は前年比四人増で、十月中には二十人分の求人が寄せられるなど復調の兆し。同職安は「学校や生徒も危機感を持ち積極的な姿勢で就職活動に臨んでいることが、早期内定に結び付いていると考える。管内求人は回復傾向にあるが、まだまだ足りない状況。引き続き、一件でも多くの求人に協力をお願いしたい」と呼び掛けている。

[ 2009-12-04-19:00 ]


新規19、変更21事業
下川・22年度総計の審議スタート

 【下川】第一回下川町総合計画審議会が二日、ハピネスで開かれた。委員は公募を含めて町民二十人。全員が先の町行政評価町民委員会のメンバー。委員全員と町管理職を合わせ四十人が出席した。
 今回の審議会では、第四期総合計画の最後となる二十二年度実施計画の見直しを行う。同見直し原案は、本年度行政評価の結果や社会情勢の変化を踏まえ、庁内各課で素案を作成。町長ヒアリングで調整したもので、新規事業は十九件、変更事業は二十一件。
 審議会の委員たちは町職員から取りまとめた同原案について説明を受けた後、四部会に分かれて審議に入った。この後、八日に公民館で部会、十五日にハピネスで全体会議を開き取りまとめを行うことにしている。

[ 2009-12-04-19:00 ]

糖尿病へ理解深める
名寄・たに内科開院6周年記念し講演会

 【名寄】たに内科クリニック(谷光憲院長)の開院六周年記念講演会が二日、ホテル藤花で開かれ、多くの聴講者が糖尿病について理解を深めた。
 同クリニックは、十二月四日で開院六年目を迎え、地域住民への感謝の気持ちを込めて講演会を企画。
 市民約二百人が出席。三部構成で谷院長が講演。第一部は「あなたの血糖値だいじょうぶ!?」をテーマに、日本の糖尿病患者の現状に触れた。第二部は、糖尿病予備群への治療に対する薬物の保険適用拡大の動きなど糖尿病の最新治療法、第三部では、血糖を上げない食事について講演し、聴講者は納得の表情で耳を傾けていた。

(写真=多くの聴講者が糖尿病に理解を深めた講演会)

[ 2009-12-04-19:00 ]

小さなきねでペッタン
下川園児がもちつき楽しむ

 【下川】町立幼児センター「こどものもり」(センター長・下村弘之保健福祉課長、園児百二人)のもちつき会が二日、同センターで行われた。
 園児たちは、町内班渓の農業、小原意玲さんの水田で、春に田植え、秋に稲刈りを行っており、もちつきには、園児たちが収穫した二キロを含む十二キロのもち米を使用した。
 この日は、園児全員ほか、同センター内「子育て支援センター」を利用している親子が参加。ホールの中央に置かれたうすにもち米を入れてこねた後、園児たちが小さなきねを持って順番に「ペッタン、ペッタン」と、もちつきを体験。全部で五うすをつき上げ、春の遠足で採取したヨモギを入れたヨモギもちや納豆、きなこなどで味付けしたもちをおいしそうに味わった。

(写真=もちつきを楽しんだ幼児センターの園児たち)

[ 2009-12-04-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

12月

1日
2日
3日
4日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.