地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年12月3


交通弱者の足確保目指す
美深地域公共交通活性化協・22年度から実証運行へ

 【美深】美深町地域公共交通活性化協議会が一日、町役場で開かれた。協議会の立ち上げも兼ねた初回の会議で、公共交通の利便性向上や交通弱者の足確保を目指し、国の補助制度を利用しながら、既存バス路線のデマンド型交通(乗車の事前予約方式による日時指定運行)への転換、フリー乗車区間の創設、町内短距離移送手段の確立などを調査・検討。二十一年度中に計画を策定し、二十二年度から二十四年度にかけてそれらの実証運行に取り組んでいく。

[ 2009-12-03-19:00 ]


気象災害支援など要望
名寄市農業委の振興施策・島市長に建議書提出

 【名寄】名寄市農業委員会(柴崎富雄会長)は一日、市役所風連庁舎を訪れ、島多慶志市長に二十二年度名寄市農業農村振興施策に関する建議書を提出した。
 二十二年度に向けて提出された建議書は、要望を中心に全部で十項目。市に対しては、「気象災害による被災農家に対する金融支援対策」で、七月の低温や日照不足の異常気象に伴う被害農家が拡大したため、災害資金に対する利子補給、既往借入金の償還猶予などを要望。
 建議書の提出には、柴崎会長と役員五人が市役所風連庁舎を訪れ、各項目について説明。島多慶志市長は全般の取り組みと基本的な考え方を述べた上で、貴重な意見として受け止め、新年度予算編成に向けて慎重に協議することを約束した。

(写真=島市長に建議書を手渡す柴崎会長)

[ 2009-12-03-19:00 ]

幻想的な音色を楽しむ
名寄でツィターデュオの夕べ

 【名寄】ツィター奏者河野保人後援会名寄支部(吉田美枝子支部長)主催の「河野保人・河野直人ツィターデュオの夕べ」が一日、ホテル藤花で開かれ、多くの市民がツィターの美しい音色を満喫した。
 河野さん親子によるコンサートで、名寄での演奏会は二十回目。弦楽器に分類されるツィターは、ギリシャ時代から伝わる古い民族楽器。
 ツィターデュオで「ウィーンはウィーン」の軽快なリズムの曲で開幕。「浜辺のうた」や「エメンタール幻想曲」などを披露。後半は、「美しき聖夜の響き」「ターキーinザ・ストロー」などソロやデュオ演奏。来場者は二人の弦を弾く指先を注目しながら、繊細で幻想的な音色に心癒やされていた。

(写真=癒しの音色を満喫したツィターデュオの夕べ)

[ 2009-12-03-19:00 ]

中学生の競技力向上
びふかスポーツクラブJr・運動継続を図る

 【美深】第一回「びふかスポーツクラブJunior」が一日、町民体育館で開かれ、中学生の競技力向上を目指し、各種プログラムを展開した。
 全国的には、中学三年生は夏までに部活動を引退。受験勉強を経て、高校に入学するものの、中学の部活動引退からのブランクが長く、競技力強化などで一からやり直さなければならないため、高校の部活動に入らない生徒もいるという。そこで、中学生に運動やスポーツを将来にわたって継続してもらいながら、健康増進の基礎づくりも図り、楽しく体を動かしてもらうことが狙い。
 初回のクラブには、中学生三十七人が参加。運動能力向上プログラムとしてトランポリン、マット運動、跳び箱、バスケットボール、テレビ画面に一瞬現れる文字を読み取る「視覚トレーニング」などに取り組んでいた。

(写真=運動能力向上プログラムを行ったクラブ)

[ 2009-12-03-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

12月

1日
2日
3日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.