地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年11月25


議員定数「20人」で合意
名寄市議会議会改革委・第4回定例会に条例提案

 【名寄】名寄市議会議会改革調査特別委員会(高見勉委員長)が二十四日、市役所名寄庁舎で開かれた。議員定数(二十六人)の削減数について議論され、「二十人」と「二十二人」で意見が分かれたが、十月に開催した市民意見交換会などを参考に、次期選挙(二十三年四月予定)から六人減の「二十人」とすることで合意した。また、議員定数条例の改正案を、三十日から開会予定の第四回市議会定例会に議員提案することも確認した。

[ 2009-11-25-19:00 ]


水稲のみで約14億円
名寄市の冷害による被害額

 【名寄】名寄市は、今年の冷害による農作業被害調査結果をまとめ、道に報告した。十月一日現在のもので、被害は水稲に集中し、約十四億円となった。面積的に広いことから上川支庁管内では、名寄市の水稲被害が、最も大きいものとなっている。基幹作物の水稲の被害が今後、地域経済に与える影響を心配する声が早くも出て、これからの歳末商戦の盛り上がりを不安視する声も。

[ 2009-11-25-19:00 ]

医療問題をテーマに
社会保障を考える集い・佐古市立病院長が講演

 【名寄】名寄社会保障を考える会(長岡康夫代表)主催の「安心してくらせる社会保障を考えるつどい」が二十一日、総合福祉センターで開かれ、名寄市立総合病院の佐古和廣院長から医療問題の講演を聞いた。
 テーマは「崩壊しつつある日本の医療の現実と未来」。佐古院長は「地方に限らず都会でも医師不足が起きている。日本の人口千人当たりベッド数は世界平均の二倍だが、医師は半分しかおらず、日本の医師は一人で、世界平均の四倍の患者をみなければならない」と強調した。

(写真=医師不足の現状などを話した佐古院長)

[ 2009-11-25-19:00 ]

スピード走法など学ぶ
市教委のスポーツセミナー・実技でわかりやすく

 【名寄】名寄市教育委員会主催のスポーツセミナーが二十一日、名寄市立大学で開かれ、陸上部に所属する市内の中学生と高校生が実技練習を通して走り方の基本などを学んだ。
 北海道ハイテクアスリートクラブの中村宏之代表を講師に招き、市内中学、高校の陸上部に所属する生徒三十六人が参加した。
 実技練習のスポーツクリニックでは、走るスピードをアップさせるための基本的な走り方を指導した。

(写真=実技練習を通して指導を受ける市内の中高生たち)

[ 2009-11-25-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

11月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
24日
25日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.