地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年11月24


見た目や味などチェック
もち米使った料理コン・力作18点が審査員をうならせ

 【名寄】基幹産業の農業について理解を深めながら地産地消の推進を図る「二〇〇九地産地消フェアinなよろ」(実行委主催)の関連イベント「名寄産のもち米を使ったアイディア料理コンテスト」の作品審査会が二十三日、市民文化センターで開かれ、多くの力作が審査員をうならせた。
 今年は昨年より三作品多い十八作品の応募があった。審査当ったのは、市内のホテルや料理店の料理長・店主、名寄市立大学栄養学科の教授・学生の合わせて七人。審査員は作品を観察したり試食したりしながら、「見た目」「味」「発想」「商品性」「名寄っぽさ」の五項目をチェック。おこわやてんぷら、雑煮、春巻き、ドーナツなど、主食であるもち米を使った個性豊かな料理がずらりと並び、審査員たちは感心した表情を浮かべていた。

(写真=名寄産のもち米を使った料理コンテストの審査会)

[ 2009-11-24-19:00 ]


農村の活性化に貢献
美深の伊藤さん・全国シニア活動表彰受賞

 【美深】美深町紋穂内の農業、雪中貯蔵きゃべつ研究会代表の伊藤清さんは、地域に根差した生産活動が農村活性化に貢献したとして、全国組織の社団法人農山漁村女性・生活活動支援協会(坂東眞理子会長)の「農山漁村いきいきシニア活動表彰」で奨励賞を受賞した。
 伊藤さんは昭和十五年一月、美深町生まれ。三十一年から農業に従事。平成十五年、「雪中貯蔵きゃべつ研究会」を設立。十九年には竃x川と連携し「美深産雪中貯蔵キャベツ天」を商品化。昨年十二月、北海道の「女性・高齢者チャレンジ活動表彰」で最優秀賞を受賞。道が全国規模の「農山漁村いきいきシニア活動表彰」に推薦し、今回の奨励賞受賞となった。
 表彰を受け、伊藤さんは「雪中貯蔵きゃべつ研究会の会員、地域の皆さんのおかげで表彰を受けることができた。研究会は今年で活動七年目。今は『キャベツ天』を販売しているが、これからもまた新しいキャベツの加工品を研究したい」と意欲を語る。

(写真=きゃべつ研の活動が認められ奨励賞を受けた伊藤さん)

[ 2009-11-24-19:00 ]

長寿命化計画策定へ
名寄市・22年度都市公園30カ所点検

 【名寄】名寄市は来年度、公園施設の機能保全・安全性を確保するため、市内の都市公園三十カ所を対象とした「公園長寿命化修繕計画」を策定する。二十二年度は遊具をメーンに公園施設を点検し、危険性などを確認。二十三年度から同計画に基づく計画的な修繕・更新を進める考えでいる。
 適切な公園施設や遊具の点検、維持補修などの予防保全的な管理を行うことで都市公園の長寿命化、事故防止に向けた安全性向上を図ることが目的。国土交通省が、老朽化した遊具更新などで二分の一を補助する「都市公園安全・安心対策緊急総合支援事業」を活用する。対象となるのは、市内の都市公園。町内会単位の身近な「街区公園」二十四カ所、大学公園や中央公園などの「近隣公園」三カ所、浅江島公園や緑町公園など「総合公園」の三カ所。
 市は来年度、遊具をメーンとした公園施設の危険性、修繕の必要性を調査。点検終了後には、地域住民の意見を聞く場を設けることにしており、住民意見を盛り込んだ計画策定を進める考え。

[ 2009-11-24-19:00 ]

色とりどりの鉢並び
名農でシクラメン販売

 【名寄】名寄農業高校(福本直人校長)で毎年恒例となっているシクラメン販売が、今年も二十一日に同校温室横のビニールハウスで行われた。
 選択授業で草花活用と農業農村ライフを選択する生産科学科と酪農科の三年生九人が育ててきたもので、消費者の需要と評価を知ることや、地域に学習成果を発表することなどを目的に今年もシクラメンの販売を実施。
 シクラメン(五号鉢)は七百円で四百鉢、ミニシクラメン(四・五号鉢)は三百円で百鉢用意。草花活用を選択する三年生四人と担当教諭が販売に当たった。
 会場には赤や白、ピンク、色が混ざったものや花びらがギザギザになったフリンジ系のものなど色とりどりのシクラメンが並んだ。市内外から訪れたたくさんの人が、好みの色や咲き具合の鉢を手にとって品定めして買い求め、両手にたくさんの鉢を抱えて帰る人の姿も多く見られた。

(写真=たくさんの人が訪れた農業高のシクラメン販売)

[ 2009-11-24-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

11月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
24日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.