地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年11月19


継続望む声相次ぐ
風連町行政区長会議・ふうれん望湖台で意見交換

 【名寄】風連町行政区長会議が十七日、市役所風連庁舎で開かれ、施設の老朽化や利用者減少などから廃止検討となっている「望湖台センターハウス」で意見交換を行った。行政区長からは、地域住民の憩いの場として施設継続を望む声が相次ぐものの、長年大規模改修を行っていない実態から「地元の施設と言いながら足が遠のくも事実」との厳しい意見も出された。
 会議には行政区長ら二十三人が出席。望湖台自然公園の利用者・収入の推移などの説明を受けた出席者からは「センターハウスは、二十年以上も改修をしていないため、利用減はしかたのない。大規模改修ではなく、ボイラー改修を行って長持ちさせてほしい」など施設継続を望む声が飛び、集客増加の考えでは「農作業体験を盛り込むなど、グリーンツーリズム事業を活用しては」との意見が出された。

[ 2009-11-19-19:00 ]


建設場所再考を望む声
名寄市教委文化ホール・寄せられた意見7件だが…

 【名寄】名寄市教育委員会は広報十一月号の配布に合わせ、文化ホールに関するチラシを配布、検討経過を報告とともに、文化ホールに関する意見を呼び掛けている。
 これまでに寄せられた意見は、まだ七件だけにとどまっている。中には便せん二枚にわたって意見を書いてきているケースもあるなど、文化センター建設後の有効活用に向けた市民の熱い思いが込められたものが多い。特に、市街地の中心部から離れている市民文化センターの隣接地での建設では、利用面で問題を感じるとの意見が多い。中には、現行の市民会館の場所での建て替えを望む声も。また、建設に反対する意見は一件だけで、その理由として、厳しい経済情勢にあって、若者の就労の場拡充などに予算を使うべきというもの。
 文化ホールに関する意見などは電話(01654-2-2218)か、FAX(01654-2-2356)、またはメール(nybunsen@city.nayoro.lg.jp)、はがきなどで受け付けている。

[ 2009-11-19-19:00 ]

ツルツル路面で利用を
市がスリップ防止砂箱設置・名寄地区中心市街地3カ所に

 【名寄】名寄市は、名寄地区中心市街地の横断歩道三カ所に「スリップ防止用砂箱」を設置した。冬の凍結路面に伴う歩行者の転倒を防止しようというもので、市維持管理センターでは「歩行者が自らの手で砂箱に入れてある砂を散布することとなるが、ツルツル路面での転倒によるけがを未然に防ぐためにも利用してほしい」と呼び掛けている。
 設置場所は名寄地区の中心市街地で、この中でも特に歩行者の多い名寄市立総合病院・名寄調剤薬局間の西六南七、西條百貨店北側駐車場・ダイソー間の西三南六、元学海堂書店・北海道銀行間の西二南六の横断歩道三カ所を選定し、合計六台(一台約九万円)を設置。
 砂の補充は同センターが定期的に行うこととしており、「今シーズンは試験的な実施と位置付けている。利用度が高い場合、来シーズンも継続する考えのほか、設置場所も増やすか検討する」と話している。

(写真=歩行者の転倒防止を目的に設置された砂箱)

[ 2009-11-19-19:00 ]

下川へジャンプ留学
中学2年の成田岬君

 【下川】中学二年の、成田岬君が、このほど下川でスキージャンプをしたいーと旭川市内の実家を離れて下川町へ留学した。
 成田君は岩手県出身。小学二年のとき、親の転勤で旭川市へ。この時、小学校で始めてスキーを体験した。以来、アルペンスキーを続けていたが、中学生になってからはジャンプや複合競技にも興味を持つようになった。
 兄の祐介さん(下川商業高校三年生)も、小学校卒業と同時に下川へスキー留学。スキー未経験から全日本ジャンプジュニアチーム強化指定選手にまで成長しており、成田君も兄の影響を受け下川留学を決意。今月から町内アイキャンハウスに住み、下川中学校に通っている。
 成田君がジャンプ台を飛ぶのはこれから。「怖いけど、わくわくしている。やるからには日本一を目指したい」と目を輝かせている。

(写真=スキージャンプで下川に留学している成田君)

[ 2009-11-19-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

11月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.