地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年11月4


地域のブランド化目指す
ひまわり油・名寄給食センターが事業化へ

 【名寄】名寄給食センター(加藤剛士社長)は四日、ヒマワリの種子を原料とした「ひまわり油」事業に取り組むことを発表した。名寄市立大学道北地域研究所や地元農業者との連携事業。市内に建設中の搾油工場が今年十二月から本格操業を開始する見込みとなっていることから、事業主体の同センターでは、「新品種のヒマワリによる『高オレイン酸』タイプの新商品ヒマワリ油を名寄産一〇〇%の原料で製造。原料の生産から商品化、販売までを地元で行うもので、特産品としてブランド化を目指したい」と話している。
 名寄市立大学道北地域研究所(所長・三島徳三副学長)が進めてきた食用ヒマワリ油に関する研究を受け、同センターが主体となり事業化するもの。同センターによると、高オレイン酸を含む新品種のヒマワリを利用した油の採取は、全国的にも例がないという。

[ 2009-11-04-19:00 ]


振興施策のあり方で
下川・農林業審議会が町長に答申

 【下川】下川町農林業振興審議会(委員九人)が、町から諮問されていた「農林業各分野における振興施策のあり方」で検討結果をまとめ、鷲見敏明会長と山本博隆副会長が二日に町役場を訪れ、安斎保町長に答申した。
 同審議会は八月十七日に安斎町長から諮問を受け各部会に具体案件の検討を付託。各部会でそれぞれ四回の検討会議が行われ、十月二十二日の同審議会で各部会の検討結果の報告を受けてまとめた。
 鷲見会長は「部会では若者たちの新鮮な意見も聞けて非常にいい会議になった」と感想を加えた。安斎町長は「この内容をしっかり吟味して、農林業振興の新年度政策に向け検討していきたい」と感謝を述べた。

(写真=安斎町長に報告書を手渡す鷲見会長(右))

[ 2009-11-04-19:00 ]

生涯克服して模範
名寄身障協・目黒さんに自立更生者表彰

 【名寄】名寄身体障害者福祉協会所属の目黒峰子さん=名寄市東二南十一=が、このほど障害を乗り越えて自立更生し、ほかの模範と認められる人に贈られる北海道身体障害者福祉協会長表彰「自立更生者表彰」を受賞した。
 目黒さんは昭和三十二年六月、美深町恩根内の生まれ。下肢に先天性の障害があり、身体障害者手帳記載の障害等級は一種一級。現在は名寄市役所勤務だが、洋裁仕立てや修理といった自営業の経験もあり、昭和五十二年から道北技能士会員。これまでに第一回国際身体障害者技能競技大会銀賞(労働大臣表彰)や優良技能士表彰(全道技能士会長表彰)などを受賞。名寄身体障害者福祉協会には、昭和五十五年に入会。会計を担当。
 目黒さんは、このほど、夕張市で開催の第五十八回全道身体障害者福祉大会夕張大会の席上で、赤坂勝会長から表彰状を受け取っており、「これからも会のために頑張っていきたいと思います」と、今後も名寄身障協の発展のための尽力を誓っている。

(写真=北海道身障協会長表彰を受賞した目黒さん)

[ 2009-11-04-19:00 ]

除籍対象本を無料提供
名寄図書館で雑誌リサイクル

 【名寄】市立名寄図書館(高原陽子館長)の雑誌リサイクルが三日、名寄本館と風連分館で行われ、多くの市民が訪れにぎわった。
 同館では、保存不要となった雑誌は廃棄処分していたが、市民からの「古くなった雑誌を読みたい」との要望に応え、平成七年から毎年「文化の日」に合わせて「雑誌リサイクル」を実施している。
 名寄本館では、降雪の影響からか例年よりも少なかったが定刻前から希望者が並び、訪れた人はスポーツや婦人、コンピュータ、旅行などに分類された雑誌や小説、漫画、児童書などの中から目当ての本を探していた。

(写真=多くの人でにぎわった雑誌リサイクル)

[ 2009-11-04-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

11月

1日
2日
3日
4日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.