地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年10月30


今期限りで勇退を表明
名寄市議会臨時会・島市長が次期選挙の去就で

 【名寄】名寄市議会臨時会が三十日、市役所名寄庁舎で開かれ、JR名寄駅横市有地を西條百貨店へ売却する「土地処分」議案を全会一致で可決した。また、島多慶志市長が発言を求め、来年三月の任期満了に伴う次期市長選挙に向けた進退を明らかにし、「選挙公約の達成が近づいていることと、年齢や体力も考え立起しないことを決めた」と述べ、来年四月の市長選挙には出馬しないことを表明した。
 現職の島市長(71)は昭和三十三年に旧名寄市役所に。経済部長、民生部長などを経て、平成六年に助役となった。当時、桜庭康喜市長が衆議院議員選挙へ出馬するため、任期途中となる八年に市長職を辞任したことにより、助役だった島氏が市長選に立候補し、無投票で初当選を果たした。その後、十八年三月の旧風連町との合併まで三期十年旧名寄市長を務めた。また、合併後の十八年四月に行われた新名寄市長選挙に出馬。激しい選挙戦に勝利。新名寄市の初代市長として現在に至っている。

(写真=「次期選挙に立起しない」と表明した島市長)

[ 2009-10-30-19:00 ]


医療基金活用が困難
名寄市議会決算委員会・市立病院整備計画は見直し?

 【名寄】名寄市議会の二十年度決算審査特別委員会(植松正一委員長)が二十九日、市役所名寄庁舎で開かれ、病院事業会計や教育費、職員費、一般会計歳入全般などで質疑を行った。
 病院事業会計で大石健二委員(緑風クラブ)は名寄市立総合病院で小児を中心に増加傾向にある時間外受診(コンビニ受診)の受け止め方、大幅に減額となった国の地域医療再生基金の考え方、医師不足状況などで質問。
 佐古和廣同院長はコンビニ受診で、救急対応ができない市外からの受診率が高いことに加え、士別市立病院の小児科集約に伴って増えているとして、「現状はコンビニ受診に近い状況。時間外受診の抑制方法として診療費の自費加算があり、導入している病院もある。名寄では導入は考えていないが、節度ある救急外来を周知していく」。
 同院も活用計画書を申請していた地域医療再生基金では、政権交代に伴う大幅な基金減額で、各都道府県で二カ所ずつしか受けられない状況にあり、「北海道は基金対象となる二次医療圏が二十一カ所もあり、道による上川北部地域の優先順位は三番目との内示を受けた。最終結果は十一月中旬に出るが基金活用の計画は難しい」と答えた。

[ 2009-10-30-19:00 ]

報酬見直しなど求め
名寄市議会・風連地区で定数の意見交換会

 【名寄】名寄市議会の「議員定数を考える市民意見交換会」が二十八日、風連福祉センターで開かれた。名寄地区(二十七日)に続いての意見交換会で、出席者からは「定数削減で、弱者救済の役割を果たすことができるのか」「報酬を削減することで、定数を一定程度保つことはできないのか」などが出された。
 議員報酬の見直しについて、小野寺一知議長は「旧名寄市時代に先進的に削減してきた経緯があり、現在の報酬額は道内の人口類似市議会よりも決して高くはないと考えている。また、これ以上の減額は、議員報酬だけで生活することが難しくなり、若者が出馬しにくい環境となることに加え、議会活動の停滞につながる」などと説明し、理解を求めた。

[ 2009-10-30-19:00 ]

橋から乗用車転落
美深町R275で死亡事故

 【美深】二十九日午後三時四十五分ごろ、美深町泉の国道275号線ウルベシ橋で、同橋の約三メートル下に転落している乗用車をパトロール中の道路維持作業員が発見。美深警察署に通報した。
 署員が現場に駆け付けたところ、車内で死亡している運転手を発見。運転手の身元は枝幸郡中頓別町字中頓別の無職、横山忠雄さん(53)と判明した。
 現場は直線道路。当時の天候は曇りで、路面は乾いていた。横山さんの乗用車は幌加内町から美深町方面へ走行していたが、道路にブレーキ痕がなく、路外左側へ転落していた。同署では、横山さんが病死した可能性もあるとみて、事故原因を捜査している。

[ 2009-10-30-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

10月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
24日
25日
26日
27日
28日
29日
30日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.