地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年10月15


定数20人基本に議論?
名寄市議会改革特別委・27日から市民説明会など開催

 【名寄】名寄市議会議会改革調査特別委員会(高見勉委員長)が十三日、市役所名寄庁舎で開かれ、「議員定数」(二十六人)について議論した。同委員会の議員定数に対する一定の方向付けを「二十人」とする意見が多かったものの、「市民説明の際、一つの数字だけでは考えに偏りが生じる可能性がある。二十人と二十二人という数字を示した中で意見をもらい議論すべき」との意見も根強く残ったため、次回委員会で整理することを確認した。

[ 2009-10-15-19:00 ]


公共施設評価などで質問
加藤道議・第3回定例会終了し記者会見

 【名寄】二十一年度第三回北海道議会定例会(九月十五日〜十月九日)が終了し、加藤唯勝道議の定例記者会見が十四日、紅花会館で開かれた。
 報告によると、定例会では二十一年度の補正予算案件四件(百三十九億五千二百三十二万円)、条例案件などを原案可決。名寄市関連事業はなかった。一般質問に立った加藤道議は、道立の公園や美術館など五十四の公共施設で、民間などへの移管を視野に業務見直しを検討している公共施設評価などで質問を行った。
 平成十年度に上川北部地域の広域施設として開園した名寄市日進の「道立トムテ文化の森」がリストに上げられおり、会見で加藤道議は、「地球温暖化対策が叫ばれている時代だからこそ、森林や林業の理解普及などを目的とする施設の役割は大きい。市への移管は早いと思う」と、反対の姿勢を示した。

[ 2009-10-15-19:00 ]

要援助者搬送も実施
名寄市防災訓練・避難などで危機意識高揚

 【名寄】平成二十一年度名寄市防災訓練が十四日、市民文化センターで行われた。本年度は、台風接近による豪雨で河川が増水したとの想定。参加関係機関・団体は災害時に迅速な行動ができるよう訓練を通して危機意識を一層高めた。
 同訓練は市民の防災意識の高揚を図り、避難行動を経験する機会とするとともに、災害時の関係機関との連携強化が目的。
 本年度は新たな訓練として、陸上自衛隊名寄駐屯地との連携による「災害時要援助者搬送訓練」を実施。実際に各町内会の代表者が要援助者となって担架に乗せ装甲車に収容。実践的な訓練を通して防災意識を高めいた。

(写真=自衛隊との連携で行った要援助者搬送訓練)

[ 2009-10-15-19:00 ]

安心して暮らせるまちを
美深・地域安全運動のパトロール

 【美深】全国地域安全運動(十一日〜二十日)出発式・合同パトロールが十三日、町交通ターミナル二階で行われた。
 同運動期間中、美深町内では朝夕に自主防犯ボランティア「わんわんパトロール隊」の散歩巡回、児童登下校時には青色回転灯車両の市街地巡回を展開。また、十五日午前九時から金融機関店舗前で振り込め詐欺撲滅街頭啓発を行い、十七日午後二時からはSUN21で振り込め詐欺ゼロFOREVER集会などの行事を計画している。
 出発式は、美深町地域安全推進協議会(会長・山口信夫町長)、美深警察署(神英昭署長)の主催。同協議会や同署、町役場、わんわんパトロール隊から四十人が参加した。その後、わんわんパトロール隊と青色回転灯車両が市街地を巡回。安心して暮らすことができるまちを目指すためにも、住民に自分たちの安全は自分たちで守るといった自主防犯への意識高揚を促した。

(写真=防犯関係者らが集まったパトロール出発式)

[ 2009-10-15-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

10月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
13日
14日
15日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.