地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年9月26


統一イメージに「星と天文台」
名寄商工会議所・セミナーを開き提案

 【名寄】名寄商工会議所は二十四日、名寄商工会館で「天塩川流域『なよろブランド』創造研究事業セミナー」を開いた。名寄ブランド創造研究委員会(坂本和彦委員長)を立ち上げて勉強会を開き、検討してきた結果、中間報告の形で、名寄市の統一ブランドイメージとして「星と天文台」を提案した。名寄市立天文台の建設が進む中で、名寄から発信する情報イメージを選定するとともに、今後はこのイメージに基づいた商品開発などを目指したいとするもので、さらに意見などを聞き、統一ブランドを詰めていく。

(写真=中間報告の形で開かれたブランド創造のセミナー)

[ 2009-09-26-19:00 ]


正しい生活習慣を
名寄で医療講演会・認知症予防に理解深める

 【名寄】名寄市、名寄市国民健康保険、名寄新聞社主催の第八回市民の健康を守る医療講演会が二十五日、紅花会館で開かれ、齊藤武志片平外科・脳神経外科院長の講演を聴き、多くの市民が認知症予防に理解を深めた。
 前半は、大石正子名寄市地域包括支援センター所長が、名寄市の高齢者在宅介護の現状を説明。後半は、齊藤院長が「どうしたら認知症を予防できるか!」をテーマに基調講演。アルツハイマー予防では、食生活や運動などの面から解説し、「脳の健康を保つのも、生活習慣の積み重ね。低カロリーの食を心掛け、肉食を減らし魚や野菜、果物中心の食生活を。ウオーキングなど軽く汗ばむ程度の運動習慣を身に付けて」と話した。

(写真=多くの市民が耳を傾けた市民の健康を守る医療講演会)

[ 2009-09-26-19:00 ]

名称は札天山収蔵館
旧一の橋小・郷土資料施設10月2日会館

 【下川】旧一の橋小学校舎を活用した下川町郷土資料展示保存施設「札天山(さってんざん)収蔵館」のオープン式が、十月二日午後二時から同施設前で開かれる。
 整備は町営による手作り作業で、昨年は校舎の一、二階の各教室、今年は体育館を整備し展示の準備を進めてきた。施設の名称「札天山収蔵館」は、一の橋の住民たちが旧一の橋小学校の裏にそびえ立つ「札天山」から名付けた。
 同施設は、下川町ふるさと交流館(万里長城)の附属施設として冬期間を除く土、日曜日の午前九時から午後五時まで一般に無料公開し、一の橋地域の交流人口増加へ結び付ける。

(写真=オープンに向けて展示物整理が進められている施設)

[ 2009-09-26-19:00 ]

自慢ののどや踊り披露
名老連の第4回芸能発表会

 【名寄】名寄市老人クラブ連合会(今藤正美会長)主催の第四回芸能発表会が二十五日、市民会館大ホールで開かれ、歌や踊りといった日ごろの練習成果を披露して、多くの市民が楽しませた。
 市内の単位老人クラブの会員や団体が出演。歌謡、民謡、舞踊など一年間の活動成果を発表し交流を深めることを目的に実行委員会(委員長・今藤会長)を組織して開催。
 名寄、風連両地区から九十五組が出演。歌謡「泣かせるぜ」でステージが開幕。歌謡では、出演者がこぶしを強く握ったり、目を閉じたりしながらマイクを手に熱唱。団体による舞踊は、出演者が色鮮やかな着物などそろいの衣装を身に着け、曲に合わせて優雅に踊る姿が見られ、練習成果を十分に発揮した。

(写真=出演者と来場者が一体となり盛り上がった芸能発表会)

[ 2009-09-26-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

9月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
22日
24日
25日
26日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.