地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年9月18


交付金と特例債活用
名寄市議会一般質問・市民ホールの必要性示す

 【名寄】第三回名寄市議会定例会は十七日、黒井徹議員(市政クラブ)、佐々木寿議員(市政クラブ)、駒津喜一議員(市政クラブ)、川村幸栄議員(共産)、持田健議員(市政クラブ)が一般質問。駒津議員が、国のまちづくり交付金事業を活用した市民ホール建設で質問。中尾裕二副市長は「老朽化した市民会館ホールに替わる施設であることに加え、期限付きのまちづくり交付金事業と合併特例債を同時に活用できるタイミングに整備したい」とし、ホールの必要性に理解を求めた。

[ 2009-09-18-19:00 ]


体験コーナーなど予定
26日なよろ健康まつり・多くの市民来場呼び掛け

 【名寄】第二十二回なよろ健康まつりは、同実行委員会(実行委員長・島多慶志市長)の主催で、二十六日午前九時半から市総合福祉センターで開かれる。当日は体内健康測定やメタボリックシンドロームチェックなどの健康チェックコーナーをはじめ、各体験コーナーを通じ、市民の健康維持・増進への理解普及を図る。
 当日のイベント内容をみると、「健康チェックコーナー」は、かかとを乗せるだけで骨密度が分かる「骨密度測定」(先着二百五十人)。専用の機器を使い、見た目では分からない内蔵脂肪や筋肉率など体の組織・成分を測定し生活習慣病予防に結び付ける「体内健康測定」(先着百五十人)。腹部CT(断層)によるメタボリックシンドローム検査(先着五十人)では、内臓脂肪の様子を映像で確認。また、動脈硬化測定(先着三十人)も実施する予定。

[ 2009-09-18-19:00 ]

風連会場で友情育て
杉並、名寄子供交流・「おもいでアルバム」を作製

 【名寄】東京都杉並区と名寄市の小学生を対象にした子供交流会の感想などをまとめた「おもいでアルバム」が作製された。今年は、杉並区で新型インフルエンザが発生したことから、東京会場は中止となり、風連会場のみでの実施となったが、多くの友情をはぐくんだ思い出が詰まったアルバムとなっている。
 友好交流自治体の関係を締結する杉並区と名寄市は、交流のすそ野を拡大する目的で夏休みを利用し、小学生を対象にした子供交流事業を継続している。
 今年は杉並区から二十四人、地元名寄市からは二十五人の小学生が参加、七月二十八日から三十一日までの三泊四日の日程で風連会場での交流行事を楽しんだ。この中には、全国的に人気の旭山動物園の見学や、風連地区でのウオークラリーなどもあり、行事を通し友情のきずなをはぐくんだ。

(写真=多くの写真を掲載して作製した「おもいでアルバム」)

[ 2009-09-18-19:00 ]

完成度高い作品に関心
名寄・刺しゅうグループ作品展

 【名寄】グリーンミント刺しゅうグループ(関口幸子代表)の二十周年展が、十七日から西條百貨店名寄店で開かれている。
 名寄市働く婦人の家(現在の名寄市女性児童センター)で開かれた刺しゅう講座の受講者が集まって平成二年に設立した「セプテンバー」の作品展で、同会講師の関口代表が同じく講師を務める名寄東小コミュニティセンターで活動する「イーストフラワー」も合わせて展示。
 グループでは、バッグやクッションなど実用的で、生活の中に自然と溶け込める色合いの作品作りを心掛けており、会場には会員十七人が製作した百点を超える作品が並んでいる。訪れた人は優しい色合いで完成度の高い作品に感心している。作品展は二十三日まで開かれている。

(写真=20周年を記念した作品展)

[ 2009-09-18-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

9月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.