地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年9月17


12月に風連自治区移行
名寄市議会一般質問

 【名寄】第三回名寄市議会定例会の十六日、午後から高橋伸介議員(公明)、山口祐司議員(緑風クラブ)、木戸口真議員(凛風会)が一般質問を行い、理事者の考えをただした。
 木戸口議員は休止している風連地区日進保育所の今後などの三件。風連地区の町内会組織への移行で「活動交付金の考えは。また、副市長が兼務する特例区長任期が来年五月までだが、残り一年となっている風連特例区終了後の考え方は」などと質問。
 小室勝治副市長は、風連地区の各自治区などで差はあるものの、町内会規約や名称などの制定作業が進められており、十二月をめどにまとめるが、活動交付金は「名寄地区と同様に町内会ごとに交付される」と答えた。

[ 2009-09-17-19:00 ]


岩木前町長が名誉町民
美深町議会・6人目の称号贈与を可決

 【美深】第三回美深町議会定例会が十七日に再開。前美深町長で社会福祉法人美深福祉会理事長の岩木実氏=美深町東二南七=に美深町名誉町民の称号を贈与することを決めた。また、「美深町公共施設の暴力団排除に関する条例」の制定など十二議案を原案可決して閉会した。
 名誉町民の称号は、長年にわたって幅広い分野で、まちの発展に寄与した功績に敬意を表して贈られるもの。美深町では六人目の称号授与となる。
 名誉町民の称号授与が決まったことに、岩木氏は「称号を受けることが出来たのは、私一人の力ではなく、まちの皆さんのご支援があったからこそであり、町民と関係者の皆さんにお礼申し上げたい」と喜びの声を寄せた。

(写真=6人目の名誉町民となった前町長の岩木実さん)

[ 2009-09-17-19:00 ]

町内全域に光回線整備
下川町議会・町長が定例会で計画を報告

 【下川】下川町議会第三回定例会が十六日、町議場で開かれた。会期は十七日までの二日間。初日は安斎保町長の行政報告六件の後、四議員による一般質問が行われた。
 行政報告の「下川町地域情報通信基盤整備事業」では、本年度事業として町内全域に光回線を整備し、デジタル放送を視聴できるよう整備。さらに全世帯に電話型の行政告知端末を設置し各種行政情報を配信するほか、町内同士の通話料を無料にする。端末機は画面付きで文字による情報配信やテレビ電話も可能。光回線網は町が整備し、通信業者に保守を含めた賃貸を予定。総事業費は十一億二千八百万円。このほど国から内示を受けた「地域情報通信基盤整備推進交付金」三億七千六百万円のほか、「地域活性化・公共投資臨時交付金」で対応し、不足分は過疎債で補う。補正予算の提案は、交付金割合が確定後、速やかに行う。事業内容について町民への説明会などを考えている。

[ 2009-09-17-19:00 ]

アレルギーをテーマに
名寄市立病院公開講座・平野小児科医長の講演聴く

 【名寄】名寄市立総合病院(佐古和廣院長)主催の健康づくり市民公開講座が十五日、ホテル藤花で開かれ、「小児のアレルギー疾患」をテーマに、同院の平野至規小児科医長の講演を聴いた。
 講座には市民約六十人が受講。小児のアレルギー疾患の中でも特に多い「気管支ぜんそく」と「アトピー性皮膚炎」について講演。
 気管支ぜんそくの治療法の変化で、「六十年代は発作が治まればよいという考え方が基本だったが、近年では発作を起こすたびに肺が傷んでいくことが分かり、発作を起こさないよう予防を主とした治療法となっている」と説明した。

(写真=小児アレルギーの理解を深めた公開講座)

[ 2009-09-17-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

9月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.