地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年9月14


地域とともに組織発展
美深福祉会・創立20周年で新たな誓い

 【美深】社会福祉法人美深福祉会(岩木実理事長)の創立二十周年記念式典が十三日、「のぞみ」体育館で開かれ、出席者たちが節目の年を祝いながら、地域とともに組織発展と知的障害者の福祉推進を誓った。
 記念式典には、百人が出席。岩木理事長が式辞を述べ、引き続き、今年三月まで美深福祉会常務理事を十五年間務めた十亀正克さん、グループホームとケアホーム敷地を寄付した本平尚三さんを表彰。
 また、施設利用者に就労の場を提供した谷口木材(谷口栄二社長)、美成木工(岩村信雄社長)、美深振興公社(山口信夫社長)、羽田野第二牧場(羽田野幸博社長)、小柳クリーニング(小柳富和社長)に感謝状が贈られた。

(地域理解を求めながら式辞を述べた岩木理事長)

[ 2009-09-14-19:00 ]


多彩なブースやステージ
名寄で生涯学習フェス・市民が楽しいひととき過ごす

 【名寄】「生涯学習フェスティバル09inなよろ」が十二、十三の両日、名寄市民文化センターで開かれた。期間中、会場には多くの市民が訪れ、軽食やハンドメイドの雑貨販売などのブースや市内のアマチュアバンドによるステージなどを楽しんだ。
 会場に設置されたブースでは、木彫や切り絵、ニュースポーツなどの体験コーナーをはじめ、市内各店や高校などによる手作りパン、農産加工品、カレーライスなどの各コーナーも用意され、好評を得ていた。

(写真=多くの市民が訪れ楽しんだ生涯学習フェスティバル)

[ 2009-09-14-19:00 ]

郷土芸能披露に歓声
下川・敬老会上名寄からスタート

 【下川】町、社会福祉協議会主催の敬老会が、十会場に分けられ十二日の上名寄会場を皮切りに二十一日まで開かれている。
 対象者は、七十五歳以上の七百七十人。町から敬老祝い金が贈呈される該当者は、白寿(九十九歳)五人、米寿(八十八歳)二十六人、喜寿(七十七歳)六十二人、七十五歳が五十五人。社会福祉協議会から記念品を贈呈されるのは、最高齢者で百歳の川井まさのさん、九十歳の十八人、八十五歳の二十八人。
 十二日午前十一時からは上名寄会場の敬老会が、上名寄生活改善センターで開かれ、対象者六十九人のうち五十三人のお年寄りが出席した。アトラクションでは、町の無形文化財でもある上名寄郷土芸能「小大尽」「麦や節」が、同芸能保存会(黒川仁一会長)によって披露された。

(写真=郷土芸能も披露された上名寄会場の敬老会)

[ 2009-09-14-19:00 ]

熱戦に拍手や歓声
名寄で市民水泳大会

 【名寄】名寄水泳協会(国府壮会長)主催の二〇〇九年度市民水泳大会が十二日、市営南水泳プールで開かれ、出場選手たちは白熱した競技を繰り広げた。
 幼児から一般まで七十四人が出場。今大会の記録は、B&G財団がホームページに「インターネット水泳記録会」にも反映される。
 種目は、自由形や平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライ、個人メドレー、メドレーリレー、リレーのほか、ビート板競争、幼児の宝探しの九種目。選手たちは、自己記録の更新を目指して全力の泳ぎを披露。子供たちの頑張りに、会場を訪れた多くの父母から歓声や拍手が送られていた。

(写真=白熱した協議を繰り広げた水泳大会)

[ 2009-09-14-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

9月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.