地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年9月7


駅横全体計画に不満の声
名寄市議会議員協議会・西條が温浴施設案

 【名寄】名寄市議会議員協議会が七日、市役所名寄庁舎で開かれた。JR名寄駅横に西條百貨店が整備する集客施設で、市は「現時点で西條が想定しているのは温浴施設。現在、競合する浴場施設と協議している段階で、一日当たりの入浴者数は二百人から三百人を計画している」などと説明し、駅横全体の整備内容を明らかにした。
 駅横全体の整備内容説明を受け、黒井徹議員は「西條では温浴施設のノウハウ持ち合わせているのか。また、住宅の家賃想定は」と質問。上田盛一経済部産業振興室長は「半径五百メートル以内で営業する既存業者の『日の出湯』と十分協議した中で進める」とし、住宅家賃で「1LDKが六万円から七万円、2LDKが七万五千円から九万五千円」と答えた。

[ 2009-09-07-19:00 ]


地元PRの一助に
名寄JCのオリジナル切手販売

 【名寄】名寄青年会議所(加藤剛士理事長)は、名寄をPRするオリジナル切手を七日から販売している。市民から募集した名寄らしい写真や絵の中から作品十点を選んで切手化したもので、同会議所では「多くの人たちに買って利用していただきたい」と話している。
 オリジナル切手の製作は、市民が名寄の良さを再確認して地元への関心を高めてもらうとともに、オリジナル切手の販売を通して全国に名寄をPRしようという狙い。
 一種類ずつのばら売りはせず、全作品を一枚にまとめた切手シートとした。一シート八百円で、七日から道の駅、なよろ温泉サンピラー、なよろ観光まちづくり協会、ホテル藤花で販売している。

(写真=1シート800円で販売しているオリジナル切手)

[ 2009-09-07-19:00 ]

苗木1500本を植える
下川・サンルダム湖岸の緑化

 【下川】旭川開発建設部サンルダム建設事業所(宮藤秀之所長)主催の「二〇〇九郷土の森づくり・サンルダム植樹祭」が五日、湖岸予定地のサンル十二線牧草地で行われた。
 湖岸予定地の緑化を図るのが目的。これまでに一万三千本の苗木を植え、今年で十年目を迎える。雨天にもかかわらず、家族連れの町民、ダムの下流を水源とする天塩川流域各市町村などから百八十人が参加。
 用意された苗木は、周りの森から種を採取して育てたもので、イタヤカエデ、エゾヤマザクラ、オヒョウ、ハルニレなど十種類。参加者は、サークルごとに各種苗木一本ずつを植え付け、合計千五百本を植樹した。

(写真=180人が参加した植樹祭)

[ 2009-09-07-19:00 ]

野菜市やビンゴ大会
名寄・名店街でもみじまつり

 【名寄】商店街振興組合名寄名店街(鯖戸智之会長)が主催の第二十七回「もみじまつり」が六日、市内西三南六の名店街広場(パーキング場)を会場に開かれた。
 同まつりは、毎年、多くの市民が集まる商店街の恒例行事として親しまれている。
 同十一時から吉田病院駐車場で地場産のジャガイモやキャベツ、タマネギなど新鮮野菜が並ぶ青空市で、野菜の詰め放題も。正午と午後三時からは現金つかみ取りが当たるビンゴ大会が行われ、番号が発表されるたびに一喜一憂の声が上がった。同一時からカラオケ大会、同二時からつばさ一実さんの歌謡ショー、同四時から素人カラオケショーなどステージもあり、会場から大きな拍手が送られていた。

(写真=多くの市民が訪れにぎわったもみじまつり)

[ 2009-09-07-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

9月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.