地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年9月1


公金使い不適切物品購入
名寄市議会定例会が開会・職員不祥事で島市長陳謝

 【名寄】第三回名寄市議会定例会は一日、市役所名寄庁舎で開会。会期を十八日(二日〜十五日休会)までとした後、島多慶志市長が行政報告を行った。一般議案審議では、職員の不祥事による責任で島市長の給与を一カ月間五%減給する「特別職の給与支給特例に関する条例」の制定など十五議案を可決。また、一般質問通告は二日午前十時に締め切り、十六日から十八日までの三日間で行う予定。
 二十年度一般会計は、歳入総額から歳出総額を差し引いた形式収支で二億二千五百十二万円となり、翌年度に繰越すべき一般財源四千四十三万円を差し引いた実質収支は一億八千四百六十八万円。ここから、財政調整基金に六千万円、減債基金に三千五百万円を積み立てて残り八千九百六十八万円を二十一年度に繰り越した。特別会計は、国保の保険事業勘定で六千三百五十五万円、介護の保険事業勘定で一億二千二万円の黒字決算となった。

[ 2009-09-01-19:00 ]


危険回避へ知識向上
上北P連名寄大会・携帯トラブル対処法を学ぶ

 【名寄】上川北部PTA連合会(上野利治会長)の第十一回名寄・美深地区研究大会名寄大会が三十日、ホテル藤花で開かれた。
 北海道PTA連合会(渡部徳章会長)、上川北部PTA連合会の主催。子供たちが夢や希望を持つという親の願いを実現させるため、会員一人一人の意識高揚などが目的の研修会で、研究主題は「一人一人の子どもに、豊かな心と夢や希望を育むPTA活動の実践〜会員相互の研修を深め、学習し、行動するPTA」。
 名寄、下川、美深、音威子府、中川のPTA二百六十五人が参加。警視庁少年有害環境対策検討委員会委員などを務める磯野爽さんが「ケータイやインターネットから子どもを守るために」で講演した。

(写真=子供を守るための知識を深めた上北P連名寄大会)

[ 2009-09-01-19:00 ]

新規求人も大幅減
名寄職安7月雇用・依然厳しい情勢が続く

 【名寄】名寄公共職業安定所は、七月の管内雇用情勢をまとめた。月間有効求人倍率は〇・四三倍となり、前月比で〇・〇五ポイント、前年同月比で〇・二四ポイントそれぞれ減少するなど、厳しい情勢となっている。
 同職安によると新規求人倍率は〇・九二倍で、前月比〇・〇八ポイント、前年同月比では〇・六七ポイントの減少。
 求人動向は、新規求人数が二百人。前月比一一・五%、前年同月比三二%とともに大幅減。産業別の新規求人数は、前年同月比で「製造業」「学術研究、専門・技術サービス業」で増加したが、そのほかの産業で軒並み減少した。

[ 2009-09-01-19:00 ]

会設立30周年を記念
高志書道会・会員の力作を展示

 【名寄】高志書道会(佐々木慶雲会長)三十周年記念展が、一日から市民文化センターで開かれ、見事な作品の数々に来館者が足を止めて見入る姿が見られている。
 高志書道会は、昭和五十一年設立。平成五年から旭川在住の中村青蓮さんに師事し、毎月三回、なよろ親林館を拠点に活動。現在は会員十五人で、全道書道展などに参加し、毎年、多くの会員が高評価を得ている。
 記念セレモニーが、同日午前十時から同センター内で行われ、会員十人が見守る中、テープカットで、会の節目を記念。会場には、会員の新作を中心に約五十点が展示。来場者は目を細めながら、力作一点一点に見入っている。記念展は五日まで。

(写真=テープカットで祝った30周年記念展)

[ 2009-09-01-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

9月

1日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.