地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年8月31


地元農産物へ理解深める
なよろ産業まつり・日本一のもち米をアピール

 【名寄】「第三十一回なよろ産業まつり〜もち米日本一フェスタ」が三十日、なよろ健康の森特設会場で開かれ、もち米作付面積日本一をアピールするもち関連イベントだけではなく、地元の新鮮野菜や果物、花きをはじめとする各販売コーナーも大人気。多くの市民が、家族や友人たちと一緒に楽しい時間を過ごした。
 開幕時間からステージ前には多くの来場者が集まり、風連御料太鼓保存会の勇壮な太鼓演奏、豪華景品が当たる懸賞付きもちまき、三代目もちつき大使の称号をかけた「なよろもちつきチャンピオン決定戦」、道北ジュニアチアリーディングクラブビバクロウキッズの演技、津軽三味線愛好会の演奏など数々のイベントを満喫。
 会場では、ちびっこもちつき、トントンコーナー、バーベキューコーナー、山形県鶴岡市藤島の特産品販売、ミニエクスプレス運行、子ども縁日といった多彩な催しが繰り広げられ、多くの来場者が楽しいイベントに笑顔を輝かせていた。

(写真=多くの来場者でにぎわったなよろ産業まつり)

[ 2009-08-31-19:00 ]


料理コンテストなど多彩に
下川・うどん祭りがにぎわう

 【下川】第六回しもかわうどん祭りが二十九、三十の両日、にぎわいの広場で多彩に行われ、町内外から多くの人が来場した。
 二十九日は料理研究家、星澤幸子さんが手延べうどんを使った料理を披露。軽妙なトークを交えて集まった観客を楽しませた。
 うどん料理コンテストは応募者の中から三人が最終審査へ。この結果、大賞は小室俊夫さん=美唄市=の「五味涼(良)麺しもかわ(ぶっかけ風)」に決定。手延べうどんと賞金、さらに特別賞が手渡された。
 手延べうどん早食い競争は三分以内に用意された付けたれうどんを早く食べる競争。小学生の部は小室賢人君(下川)、女性の部は、今野真希子さん(紋別)、男性の部は、山松太さん(名寄)がそれぞれ優勝。手延べめん一年分をゲットした。

(写真=早食いなど多彩な行事で盛り上がったうどん祭り)

[ 2009-08-31-19:00 ]

説明や製造実演行う
下川・バイオコークス実証実演で

 【下川】下川町をフィールドとした硬度バイオ・リサイクル燃料「バイオコークス」製造実証試験の説明会と製造実演会が、二十九、三十日にバスターミナル合同センターとにぎわいの広場で開かれた。
 バイオコークスは、さまざまな植物資源が原料となる高硬度固形燃料。二酸化炭素排出を減らす新技術開発のために経済産業省が全額を負担し、下川町と近畿大学などが共同で、バイオコークスの製造や燃焼システムなどの実証事業を展開しており、町、北海道草木バイオマス新用途研究会は、同実証試験を広く周知しよう―と説明会を開催した。
 二十九日は、午前十一時からバスターミナルでバイオコークスを研究開発した近畿大学の井田民雄准教授を講師に同実証実験の説明を兼ねた「環境モデル都市」推進講演会が開かれ、六十人が来場。この後、にぎわいの広場(うどん祭り会場)で、バイオコークスの製造実演、強度を体感するハンマー割り体験、いろいろな原料で作られたバイオコークスを展示して、原料当てクイズも行った。

(写真=うどん祭り会場で展示されたバイオコークス)

[ 2009-08-31-19:00 ]

大会成功へ協力願う
ツールド北海道・コース上は臨時の交通規制

 【名寄】ツール・ド・北海道2009が、九日から十三日までの五日間、道北地区を会場に開かれるが、第三ステージのスタート地点は名寄市。大会当日は、沿道に多くの見物客が詰め掛けることが予想され、コース内への飛び出しによる出場選手との接触事故なども懸念されるため、市では「コースに入る際、一旦停止をお願いすることがあるので、協力ください」と呼び掛けている。
 十日の第三ステージは、名寄市から豊富町までの百八十三キロのコース。初めの二・二キロは平均時速二十五キロのパレードで、午前九時半に市役所名寄庁舎を出発。大通、南六丁目通(JR名寄駅前通)、市道西八条通乙(名寄市立総合病院前)を通り、道道西風連・名寄線の西九条通交差点から競技がスタートする。

[ 2009-08-31-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

8月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
24日
25日
26日
27日
28日
29日
30日
31日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.