地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年8月8


団体で10数年ぶりのメダル
名寄ピヤシリ水泳少年団・B&G北海道大会で健闘

 【名寄】名寄水泳協会(国府壮団長)に所属する名寄ピヤシリ水泳少年団員が、このほど、和寒町で開催された二十一年度B&Gスポーツ大会北海道大会「水泳の部」に出場。個人種目で六人が入賞したほか、自由形リレーで二位、メドレーリレーで三位に輝くなど健闘した。同少年団が団体種目でメダルを獲得したのは十数年ぶりの快挙で、Aクラスコーチを務める同協会指導部長の鎌戸俊幸さんは「タイムを縮めようと挑む子供たちの努力が、今大会での好結果につながりました」と喜びを語っている。
 入賞を果たした団員たちは六日、藤原忠教育長を訪問。「来年こそ一位で、表彰台に上がりたい」「ハードな練習のおかげで、タイムを縮めることができた」「背泳ぎのタイムをもっと縮めたい」など、大会を振り返っての感想と今後の抱負を語った。

(写真=藤原教育長に結果報告を行った名寄ピヤシリ少年団員)

[ 2009-08-08-19:00 ]


サッカー通して交流
藤島少年少女訪問団が来名

 【名寄】名寄市と姉妹都市提携を結ぶ山形県鶴岡市(旧藤島町)の少年少女訪問団一行が、六日から九日までの日程で来名。ふじしまジュニアサッカークラブと名寄ピヤシリサッカー少年団の子供たちが、試合などを通して交流を深めた。
 名寄・藤島少年少女相互交流事業によるもので、派遣と受け入れを隔年で実施。昨年と今年はサッカー交流と位置付け、昨年、名寄少年団を派遣したことから、今年は同クラブの子供九人と引率者三人を受け入れた。
 日程は六日から九日までの三泊四日。メーンの七日は八人制サッカーの交流試合が行われ、両チームとも練習成果をぶつけ合ったが、子供たちは一つのボールを追い駆けてサッカーを楽しみ、さわやかな汗を流した。

(写真=サッカーの試合などで楽しんだ交流事業)

[ 2009-08-08-19:00 ]

返還運動に協力を
名寄・北方領土キャラバン隊が訪問

 【名寄】北方領土返還要求後継者キャラバン隊が六日、市役所名寄庁舎を表敬訪問して、北方領土の返還要求運動への協力を求めた。
 キャラバン隊は、道内での返還署名活動などを目的に、北方領土の元島民後継者など十二人で編成。五日から七日までの三日間、根室や北見、旭川、札幌など道内八市町を表敬訪問した。
 六日に名寄入りした一行は同庁舎を訪れ、舘下雅志隊長が「北方領土は文化、歴史的にも日本の領土であるが、返還問題は暗礁(あんしょう)に乗り上げている。島に戻れず他界した人たちのためにも、確固たる道筋をつけてもらえるよう協力を緒お願いしたい」などと思いを伝えた。
 中尾裕二副市長は「返還活動ご苦労様。一朝一夕で解決する問題ではないが、目標を達成できることを願っている」と述べ、要求運動への理解を深めた。

(写真=北方領土への思いを伝えたキャラバン隊の表敬訪問)

[ 2009-08-08-19:00 ]

キノコ採り遭難の女性救助

 【名寄】六日午後一時二十二分、名寄市智恵文の北山地区山林に落葉キノコ採りのため、入山した旭川市末広東の介護士、宇野君子さんから名寄警察署に救助要請があり、捜索隊十一人と道警ヘリが出動。無事発見した。
 宇野さんは、同日午前九時から夫と入山したが、キノコ採りに夢中となって夫とはぐれ、下山方向が分からなくなったため、一一〇番通報したもの。
 警察の捜索で同日午後三時十二分に道警ヘリで発見、救助。遭難者にけがは無かった。
 また、今年に入り、道内の落葉キノコ採り遭難は二件目。

[ 2009-08-08-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

8月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.