地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年8月6


グラウンドなど再整備意見も
名寄市教委・風中移転協議会で検討進む

 【名寄】名寄市教育委員会は、風連高校校舎の風連中学校校舎利用で、来年度の予算編成作業に間に合わすため、十一月末までに風連高校の校舎改築実施設計をまとめる計画でいる。既に、風連中学校校舎等移転準備協議会(会長・井上裕行風連中学校PTA会長)を立ち上げ、三回の会議を持ち、風連高校の校舎見学も行うなど、検討を進めているが、グラウンドなどの再整備を求める意見なども出ており、これらを参考に、実施設計をまとめていく。

[ 2009-08-06-19:00 ]


現場の厳しさ学ぶ
名寄市立病院医療体験事業・旭川東高生徒が参加

 【名寄】名寄市立総合病院(佐古和廣院長)の地域医療体験事業が四日、同院で行われ、大学の医学科進学を志望する高校生が参加し、院内見学や医師との懇談、現場体験を通して医療へ認識を深めた。
 同事業は、旭川医科大学高大病連携委員会によるプログラム。道内の医師不足問題の解決に向けた取り組みで、道教委の「地域医療を支える人づくりプロジェクト事業」の中で設定した、医進類型指定校の生徒が対象。   
 高大病連携の医療体験は初めての試みで、上川管内は名寄と富良野社会事業病院が受け入れ。同管内唯一の指定校となる旭川東高校から二年生二人と三年生三人が参加。
 開講式で佐古院長は「社会的責任も大きいことを自覚した上で、医師を目指して勉強してほしい」とあいさつ。続いて、研修医たちが医療現場での体験談などを語った。午後からは病院内を見学したほか、リハビリや各種検査の現場体験なども行い、今後の参考としていた。

(写真=現場体験のほか、研修医と懇談した地域医療体験事業)

[ 2009-08-06-19:00 ]

道の駅利用者に好評
名寄・東さんのヒマワリ畑が満開

 【名寄】道の駅「もち米の里☆なよろ」の西側にあるほ場では、夏を彩るヒマワリが満開となり、道の駅利用者が眺めたり写真に収めたりする光景が見られている。
 ヒマワリ畑は名寄市風連町瑞生の農業、東勇一さん所有のほ場。同ほ場では数年前から水稲を作付けしてきたが、米の生産調整で近年は小麦やソバを作付けしていた。今年は緑肥用として初めてのヒマワリ栽培に取り組み、シーズンが終わると、そのまますき込むという。
 道の駅の駐車場などからは、ヒマワリ畑全体を見渡すことができ、車で訪れた観光客らが、目の前に広がる美しい光景にしばしの間、足を止めて楽しむ様子が見られる。

(写真=道の駅横で満開のヒマワリ畑)

[ 2009-08-06-19:00 ]

夏休みの子供集う
美深で北児童館まつり

 【美深】美深町北児童館まつり「わいわい広場」が五日、同館で開かれ、夏休み中の子供たちでにぎわいを見せた。
 今年も子供たちとともに、会場や出し物の準備で美深高校ボランティア局員が集合。午前中は工作教室が開かれ、牛乳パックを用いたペン立てを制作。
 屋外では、ヨーヨーとスーパーボールすくいの縁日を用意。また、かき氷や豆団子、焼きそばの軽食も提供された。
 午後からは、児童館を利用する子供たちが民謡発表。気温が上がり、晴天に恵まれる中、さまざまな出し物に参加していた。

(写真=ヨーヨーすくいなどを楽しむ子供たち)

[ 2009-08-06-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

8月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.