地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年7月23


果敢な飛躍に期待
26日にサマージャンプ大会・一線級選手ら123人エントリー

 【名寄】全日本スキー連盟A級公認・サンピラー国体記念第七回サマージャンプ大会が、二十六日午前九時から市内日進のピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100)で開催される。大会には地元選手や国内外での大会で活躍している一線級選手ら百二十三人がエントリーし、果敢な飛躍に期待がかかる。
 女子の部は渡瀬あゆみ選手、葛西賀子選手をはじめ、地元下川から伊藤有希選手が出場。少年の部には、下川ジャンプ少年団から瀬川友選手。名寄中学校の渡辺知也選手。下川商業高校の内藤智文選手、橋駿也選手、岸部冠選手、馬淵源選手、林達也選手、金城芳樹選手、成田祐介選手がエントリー。成年の部は、ベテランの岡部孝信選手、葛西紀明選手をはじめ、伊藤謙司郎選手、伊東大貴選手、高橋大斗選手など、人気と実力を備えた一線級の選手が出場予定で、深緑に囲まれたピヤシリシャンツェに大きなアーチを描く。

[ 2009-07-23-19:00 ]


命への感謝をつづり
農業ク全国意見発表大会へ・名農の石川さんが出場

 【名寄】名寄農業高校(福本直人校長)の石川沙弥さん(酪農科二年)は、日本学校農業クラブ北海道連盟意見発表大会で最優秀賞を受賞、全国大会に出場することが決まり、同校から十数年ぶりの全国大会出場となり、本人はもとより関係者も喜んでいる。
 発表した「生きることは食べること」では、学校の実習で体験したニワトリのふ化と解体を基に「加工には、家畜の命と人間の命をつなぐ架け橋になるという責任が存在します。自分たちが生きること、それは食べることに他ならないのです」とつづり、家畜とペットの違い、家畜の命とそれに感謝する気持ちなどをまとめている。
 校内での意見発表大会、北北海道大会を経て、北海道大会へ出場。最優秀賞に選ばれ、北海道代表として十月六〜七日に茨城県で開かれる全国大会への出場が決まった。石川さんは「出場するからには上を目指して頑張りたい」と意気込みを語っている。

(写真=道大会で最優秀賞を受賞、全国大会へ出場の石川さん)

[ 2009-07-23-19:00 ]

自主防災意識高める
天塩川上流水防学習会・風連児童が災害の脅威体験

 【名寄】天塩川上流水防学習会in風連が二十一日、風連下多寄小学校を会場に開かれ、風連地区三校の児童が河川災害の恐ろしさを体感。体験型学習を通して自主防災意識を強く持った。
 旭川開発建設部名寄河川事務所(船木博康所長)の独自企画で、対象は児童。河川災害の脅威や防災知識に触れる体験学習を通して自主防災意識を養うなど、水防や河川防災への関心向上を目指すもの。風連下多寄小、東風連小、風連日進小の全校児童四十二人が参加。船木所長は川に一人で近付かないよう注意を呼び掛けた。続いて「洪水」をテーマとした座学。さらに正面玄関前などで、水圧で扉の開閉が困難になる「地下浸水」、異常気象の「豪雨」、水防工法の基本「土のうづくり」を体験した。

(写真=水圧で扉の開閉が困難になる地価浸水体験)

[ 2009-07-23-19:00 ]

水質調査で生態知る
名寄西小4年生が名寄川で

 【名寄】名寄西小学校(原啓子校長)の四年生三十六人は二十二日、名寄川での水質簡易調査を行い、身近な川の生態を知った。
 国土交通省は、河川愛護や水質保全に関心を持ってもらうことなどを目的に、昭和五十九年から全国の主要河川で小・中・高校生、一般を対象に水質の簡易調査を実施。河川に生息する生物を採取し、水質を生態的に評価している。
 旭川開発建設部は同校と旭川市立明星中学校を対象に実施することにしており、この日は総合的な学習の一環で名寄川の環境と水生生物などを調査している西小四年生が調査を行った。内容は流速や水温、透視度、石についている水生生物の種類や数を見ての水の汚れ具合などを調査。この日の水温は一〇〜一三℃で、児童たちは水の冷たさを感じながらも五つの班に分かれて、調査に取り組み、自分たちの住む町に流れる河川がどのような川なのかを学んだ。

(写真=旭川開発建設部と西小4年生が行った水質調査)

[ 2009-07-23-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

7月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
21日
22日
23日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.