地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年7月13


国内2番目の望遠鏡整備
名寄市天文台・使用開始は23年度から予定

 【名寄】名寄市は、道立サンピラーパーク内で名寄市立天文台(仮称)の整備作業を進めているが、施設最大の特徴となる反射式望遠鏡の大きさが決まり、道内で最大、国内でも二番目の大きさとなるレンズ口径一・六メートルの望遠鏡が設置されることとなった。天体観測分野で市と協力協定を結ぶ北海道大学が整備するもので、市では「レンズの研磨作業が約一年間のため、施設は二十二年度にオープンするが、望遠鏡は二十三年度に整備される」と話している。
 天文台は、同パーク内のオートキャンプ場などがある「森の休暇村」北側の「星見の丘」に建設。市と北大が共同で進めている事業で、建物は市、メーンの反射式望遠鏡は北大が整備する。

[ 2009-07-13-19:00 ]


名寄の夏の夜を彩る
名高祭であんどん行列

 【名寄】名寄高校(武者秀一校長)の第六十回名高祭が十日に開幕し、伝統となっているあんどん行列が十一日午後七時半に南広場を出発した。
 テーマは「記念すべき60回目 つまんねぇなんて言わせねぇよ!?」。あんどん行列は当初十日に予定されていたが雨天のため順延。
 「風神降臨」や「竜驤虎視〜梅の天下獲り〜」「麓華三詠」「Chemical Reaction〜科学反応〜」など、各クラスでテーマを決め、制作した十二基が市内中心街を元気に練り歩き、若いエネルギーを発散させた。沿道には多くの保護者や観客が並び、名寄の夏の夜を彩るあんどんの出来栄えに感心した様子。

(写真=各クラスで制作した12基が練り歩いたあんどん行列)

[ 2009-07-13-19:00 ]

市民と楽しく交流
名寄・道北技能士会青年部で集い

 【名寄】道北技能士会青年部(佐々木竜司部長)の「第三十四回青年部と市民のつどい」が十一日、ホテル藤花で開かれた。
 道北技能士会は、名寄市風連町以北中川までの建設業関連などの技能者で組織する会で、青年部メンバーは、二十五歳から四十五歳までの約四十人。同つどいは、技能士と市民との交流を通して、技能士会を広く周知することを目的に毎年開催している。
 市民約四百人が来場。抽選会をはじめ、ビール早飲みや丸太切りの景品は、技能士手作りのいすなど二百五十点。参加者は、アトラクションを楽しみながら一層交流を深めていた。

(写真=約400人が楽しい時間を過ごした青年部と市民のつどい)

[ 2009-07-13-19:00 ]

8月16、17日の2日間
名寄市民納涼盆踊り大会・個人、団体の参加を募集

 【名寄】市民納涼盆踊り大会が、八月十六、十七の両日、南広場を会場に開催される。これを前に、実行委員会(完土昭二委員長)では、個人と団体の二部に分け、仮装盆踊りの参加者を二十二日から八月十四日まで募集する。
 仮装の参加募集は市民文化センターか、名寄市のホームページで受け付ける。団体は一チーム人以上。参加料は無料で、発想、衣装、小道具などを基準に審査する。賞金は、個人の部が最優秀賞五万円、優秀賞三万円、優良賞二万円、熱演賞一万円が三本、努力賞五千円が九本となっている。団体の部は最優秀賞十万円、優秀賞八万円、優良賞五万円、熱演賞二万円が三本、努力賞一万円が四本。
 市民有志らで実行委員会も立ち上げられ、多くの市民参加を呼び掛けている。

[ 2009-07-13-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

7月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
13日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.