地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年7月6


売買価格に大きな差損
名寄の駅横所有地・9日の臨時会に提案

 【名寄】名寄市は、九日開会予定の第四回名寄市議会臨時会に、JR名寄駅横地で商業施設建設などを計画している西條百貨店への土地売買にかかわる議案を提案する。具体的な売買価格は当日の臨時会まで公開できないとしているが、市が名寄市土地開発公社所有の同地取得額と、西條への売買価格には大きな差損があるとしており、議論の的となりそうだ。
 同公社の駅横所有地は総体で一万二千六十七平方メートル。JR大和寮などがある南側九千五百三十六平方メートルと北側二千五百三十一平方メートルに分かれており、その間にJR所有地がはさまれた形。現段階での事業内容は、西條が南側の土地を購入して商業施設とアパートなどの住宅を建設。北側の土地は、隣接するJR所有地と合わせて市が取得し、バスターミナルを整備する計画。

[ 2009-07-06-19:00 ]


地域福祉へ理解深める
ふれあい広場2009なよろ

 【名寄】「ふれあい広場二〇〇九なよろ」が、同実行委員会(中村稔実行委員長)の主催で五日、市総合福祉センター広場を会場に開かれた。好天に恵まれ、訪れた多くの地域住民がステージプログラムや各種コーナーを楽しみ、地域福祉への理解を深めた。
 障がいのある人もない人も、喜びや悲しみ、苦しみを共に分かち合いながら暮らせる社会の実現に向け、明日からできることを見つけることを大きな目的としたイベント。
 会場内にはイベントを盛り上げる各コーナーがオープン。ふれあい広場終盤の合同演奏では、来場者一人一人が、ボランティアにより作成された歌詞カード付きのうちわを手に心を一つにし、「一人の小さな手」「世界に一つだけの花」の二曲を合唱。最後は北鼓童なよろの華麗な演舞が締めくくった。

(写真=来場者が心を一つに歌った終盤の合同演奏)

[ 2009-07-06-19:00 ]

本番前の就職参考に
名寄大学の病院合同説明会・学生たちが情報収集

 【名寄】名寄市立大学(久保田宏学長)の二十一年度病院合同説明会が五日、同大学本館体育館で開かれた。同大学全学就職委員会(工藤慶太委員長)が実施主体で、学生への就職支援と就職先確保の一環。看護、栄養、社会福祉の三学科で構成した保健福祉学部と短期大学部を擁し、医療にかかわりの深い分野を特徴とした同大学が、道内外の病院を対象として、昨年から説明会を年一回開催しているもの。
 今年の説明会には旭川や札幌、帯広、釧路などの道内四十七病院と東京や神奈川、千葉、兵庫などの道外二十四病院が集まり、学生約百五十人が参加。会場では、集まった病院ごとにブースが設けられ、各施設の代表スタッフが学生に対して、自分たちの病院情報を提供。学生たちも、興味のある病院ブースでそれぞれ積極的に情報を集め、真剣な表情で説明を受けていた。

(写真=道内外から71病院が集まった合同説明会)

[ 2009-07-06-19:00 ]

短冊に願いしたため
名寄・ほっと21で七夕会開く

 【名寄】ほっと21(佐々木章館長)の七夕会が四日に開かれ、参加した子供たちが短冊に願いをしたためた。
 七日の七夕を前に毎年開いている行事で、子供からその保護者ら約四十人が参加。子供たちが短冊に「プリキュアになりたい」や「ペットショップの店員になりたい」「友達とずっと一緒にいられますように」などと、子供らしくほほ笑ましい夢や願い事を書くと、同館職員が用意した二本のヤナギの枝に短冊と七夕飾りをつるした。
 また、ドッジボールで体を動かしたほか、同館を利用する子供たちの保護者で組織する「母親クラブ」らで用意したかき氷を味わい、夏のひとときを楽しんでいた。

(写真=願いを書いた短冊をヤナギに飾った七夕会)

[ 2009-07-06-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

7月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.