地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年6月20


地元就職希望が半数超える
来春高卒予定者の求職動向・名寄職安が早期求人呼び掛け

 【名寄】名寄公共職業安定所は、二十二年三月新規高校卒業予定者の求職動向調査を実施した。調査によると、就職を希望している生徒は百九十四人。このうち管内での就職を希望する生徒の割合は、前年度調査の三六%を大きく上回る五四・六%となった。地元での就職志望者が半数を超える結果に同職安は、「二十年度の新卒者求人は、全道的に減少したが、管内求人は比較的好調だったこともあり、地元での就職志望者が増えたと考えられる。しかし、今年は前年並みの求人が見込めるかどうかは難しい状況」と、厳しい就職環境となることを危ぐしながらも、一人でも多くの求人確保へ、地元企業の協力を呼び掛けていく考えを示している。

[ 2009-06-20-19:00 ]


厳しい環境下で実績確保
北星信金総代会・当期純利益は2億800万円

 【名寄】北星信用金庫(田原靖久理事長)の通常総代会が、十九日にホテル藤花で開かれ、二十年度の業務報告などを承認した。景気後退により市場環境の悪化や円高・株安の進行による株式・投資信託の減損処理費用の発生などにより、当期純利益は対前年比四九・一三%減の二億八百万円となった。同信金は「厳しい環境の中で、一定程度の数字を確保することができた」としている。
 二十一年度の見込みで、同信金は「引き続き厳しい経済環境が続くと予想されるが、貸し出しの増強を図るなど、二十年度並の利益確保に努めたい」としている。

[ 2009-06-20-19:00 ]

調査特別委員会を設置
下川町議会が環境モデル

 【下川】下川町議会第二回定例会は十九日、一般議案の審議を行い、閉会した。
 「下川町環境モデル都市調査特別委員会の設置に関する決議」で、羽鳥一彦議員が「昨年七月に町が国の環境モデル都市に認定されたことは、これからの町づくりの大きな糸口となります。議会としても環境モデル都市具現化の行動計画の執行に対して、具体的な意見を提起して、事業の実施を検証していくために、下川町環境モデル都市調査特別委員会の設置を提案します」と発議し、可決された。
 同特別委員会は、環境モデル都市に関する調査を目的とし、議長を除く全議員で構成。調査期間は議会の閉会中も含め調査が終了するか、平成二十三年四月末の議員任期終了まで。委員長に高原大議員、副委員長に谷一之議員を選任した。

[ 2009-06-20-19:00 ]

玄関前の花壇整備
名農高生がそよかぜ館で

 【名寄】名寄農業高校(福本直人校長)の三年生は十九日、緑丘の「そよかぜ館」(樟本成三施設長)を訪れ、花壇整備を行った。
 同館では毎年この時期、玄関前の花壇整備を同校に依頼。同校三年生酪農科、生産科学科の選択授業「農業農村ライフ」の一環で花苗を植えている。
 同館には両科の生徒四人が訪問。花苗は長期間、花びらを付ける品目を選定し、マリーゴールド、インパチェンス、ベゴニア、ロベリア、コリウス、シロタイギクの六種類四百五十株を植え込んだ。生徒たちは、施設を訪れる人の目を楽しませよう―と花の配色や日当たりを考慮し、作業に取り組んでいた。

(写真=苗を植え込む生徒たち)

[ 2009-06-20-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

6月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.