地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年6月18


21年度は全15校が対象
名寄市学校支援実行委・市民ボランティアの発掘も

 【名寄】名寄市学校支援地域本部事業実行委員会(委員長・山内豊市教育委員会教育部長)は、二十一年度の事業対象を市内小中学校全十五校に広げ、登下校時の安全指導、異世代間交流活動などの事業に取り組む。地域コーディネーターによる、各校からの支援活動要望調査の結果、水泳などの体育指導関係や伝統音楽の講師派遣などもあり、学校支援ボランティアの発掘にも力を入れていく。
 名寄市の学校支援地域本部事業は、二十年度に文部科学省の委託を受けて始まった。年度途中での委託ということもあり、名寄東中学校校区をモデル実施地区とし、このほかに名寄、名寄東、名寄西、豊西の四小学校を対象として事業に取り組んだ。

[ 2009-06-18-19:00 ]


受診者の半数が有所見
名寄労基署・定期健診の確実な実施を喚起

 【名寄】名寄労働基準監督署は、管内事業場での定期健康診断実施概要(二十年一月〜十二月)をまとめた。受診者のおよそ半数が、何だかの所見を有する結果となり、同監督署は「有所見者率が六〇%台、七〇%台の事業場もあり、各事業場は労働者の現状を把握し的確な対応が必要」と呼び掛けている。
 常時使用している労働者が五十人以上いる事業場の場合、監督署への定期健康診断結果報告書の提出が義務付けられている。名寄監督署に報告があったのは、報告義務(規模五十人以上)に基づいたものが五十一件、任意によるものが二十件で、合わせて七十一件となった。

[ 2009-06-18-19:00 ]

国の臨時交付金3.09億円
美深町議会定例会が閉会

 【美深】第二回美深町議会定例会が十七日に再開。美深町一般会計補正予算、美深町国民健康保険税条例の一部改正など五件を原案可決し、閉会した。
 一般会計補正予算は、歳入歳出の総額に三億七千六百五万千円を追加。補正後の総額は四十九億七千百五万千円となった。
 追加補正額のうち三億九百九十七万七千円は国の「地域活性化・経済危機対策臨時交付金」。工事請負費として恩根内放牧場管理棟整備、農業気象情報システム整備、町有住宅火災報知機設置、商店街街路灯改修、小中学校IT環境整備、仁宇布の冷水駐車場整備などに充てる。

[ 2009-06-18-19:00 ]

タッチケアの効果説明
名寄市立大学3年のFGW

 【名寄】名寄市立大学(久保田宏学長)の連携教育科目「フィールドグループワーク」(FGW)の加藤千恵子講師グループは十六日、同大学本館で赤ちゃんを持つ母親を対象としたタッチケアを実施。親子のきずなを一層深めることのできるタッチケアの効果や方法を説明した。
 FGWは、三年生前期の選択科目。講義目標は、テーマ別の三学科混成グループによるフィールドワークを通して、保健医療福祉連携の意義と効果に対する理解を深めること。
 親子を招いてのタッチケアは、講義時間全十五回中二回。七組の親子の申し込みを受けたが、この日は市内四組の親子が参加。学生からタッチケア効果の説明を受けた後、実際に体験。話しかけながら、顔や胸、お腹、足、腕、背中を優しくマッサージするなど、触れ合いの時間を楽しんでいた。

(写真=肌と肌を触れ合うタッチケアを体験する参加者)

[ 2009-06-18-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

6月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
15日
16日
17日
18日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.