地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年6月9


埋め立てごみの減量化続く
名寄市・処分場の延命化図る

 【名寄】名寄市の二十年度ごみ回収状況がまとまった。炭化ごみは、ほぼ前年度並みとなっていたのに対し、埋め立てごみは、前年度対比約二百五十トンの減となった。埋め立てごみは、着実に減少を続けており、これに伴って、名寄地区内淵の埋め立て処分場使用の延命が図られることとなった。当初計画では今年三月とみていたが、さらに七年ほどの使用が可能と判断している。
 埋め立てごみの回収量をみると、ごみ処理の有料化する直前の平成十四年度が、名寄地区だけで一万七百十九トン。だが、翌十五年度は六千二百六十七トンにまで減った。さらに風連町との合併後の十八年度は、両地区合わせて六千五百三十四トンと、ごみの減量化が着実に進んで減少した。

[ 2009-06-09-19:00 ]


もちもちとして好評
もち粉パン・名寄市の学校給食に初登場

 【名寄】名寄市の九日の学校給食で、地元産のもち米を使った「もち粉(もちこ)パン」がメニューに初登場。もちもちした食感とほのかな甘味が特徴で、味わった子供たちにも好評だった。
 この日のメニューは「もち粉パン」と「コーンとアスパラのシチュー」「キャベツのソテー」「ウインナーのケチャップかけ」。名寄小学校(笹本宗伯校長)一年一組では、パンをちぎってそのまま食べたり、具材を挟んで食べたりする光景が見られ、児童は「もちもち、ふわふわしておいしい」と、パンを口いっぱいにほおばり笑顔を見せていた。

(写真=もち粉パンをおいしそうに味わう児童)

[ 2009-06-09-19:00 ]

食への関心高める
ちびっこワンダーランド・11家族参加し入学式

 【名寄】なよろ食育推進ネットワーク(宮下省三会長)主催の教育ファーム農業体験「ちびっこワンダーランド 畑の学校」の入学式が七日、微生物応用技術研究所名寄研究農場(清水幸一農場長)で行われた。
 開催期間は六〜九月(十〜三月には希望者に課外授業を実施)。名寄と士別から一歳〜十一歳の子供二十人とその保護者の十一家族が参加した。
 地元の農業指導士から説明を受けながらジャガイモやエダマメ、トウモロコシ、トマト、キュウリ、ピーマンなどを植え付け。大きく立派な野菜に育つように願った。

(写真=大きな野菜が育つよう願い植え付けた参加者)

[ 2009-06-09-19:00 ]

小学生の参加募集中
名寄市教委・夏休みに杉並と子供交流会

 【名寄】名寄市教育委員会は、東京都杉並区との小学生を対象にした子供交流会の参加者を募集している。
 今年は風連会場が七月二十八日から三十一日まで、東京会場は八月五日から八日まで。
 参加対象は、風連・東京両会場に参加できる小学四年生から六年生まで。参加費は両会場分で合わせて二万六千円。二十二日まで名寄市教育委員会生涯学習課の風連庁舎で参加希望を受け付けている。

[ 2009-06-09-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

6月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.