地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年5月16


信頼応えた仕事が受託増に
名寄高齢者セン20年度実績・事業収入は5025万円

 【名寄】名寄市高齢者事業センター(山口正克会長)の二十年度事業実績がまとまった。受託件数一千五百六十二件、事業収入五千二十五万円となり、前年度比で微増となった。市や企業からの事業依頼が減る中、地域住民の信頼に応えた事業の取り組みなどによって、一般からの受注が増加しており、今後の活動にも期待が寄せられている。
 同センターは、高齢者の持つ技能や経験を社会に役立てながら生きがいづくりに取り組もうと、昭和六十一年に設立。公園管理や草取り、庭木のせん定、民間の軽作業、冬の除雪などに従事している。

[ 2009-05-16-19:00 ]


品質安定に力発揮
北はるか農協下川・トマト選別施設が竣工式

 【下川】北はるか農業協同組合下川支所「フルーツトマト選別予冷施設」(町内北町)の竣工式が十四日、同施設で開かれた。
 同施設は、国の二十年度産地生産拡大プロジェクト支援事業を受けて新設。道内で初めて糖度センサーを導入したフルーツトマト選別施設。生産農家が個別に行っていたフルーツトマトの選別から箱詰めまでを行い、品質の安定を図る。
 竣工式には、下川、美深、音威子府、中川の各町村長や職員、北はるか農協の役員、施工業者など四十人が参列。祝詞、玉ぐし奉納などの儀式を行い、施設の堅固安全などを祈願した。

(写真=完成を祝って起動スイッチを押す中瀬省組合長ら)

[ 2009-05-16-19:00 ]

「気を付けて運転を」
名寄警察署・交差点事故発生マップ作製

 【名寄】名寄警察署(佐々木茂信署長)は、平成二十年中の人身事故統計を基に、管内の特徴となっている交差点事故の発生場所が一目で分かる「名寄市街地交差点事故発生マップ」を作製。長谷部仁交通課長は「交差点事故は、どこでも発生しやすい。マップを活用して事故防止を図ってほしい」と、交差点事故撲滅へ力を入れている。
 同署管内で昨年発生した人身事故六十一件のうち、約六割を占めているのが名寄市街地の交差点。依然として交差点での事故が後を絶たない状況が続いており、同署交通課では、交差点事故防止対策の一環として同マップを作製。
 このマップは、官公庁など住民が集まる場所への掲示協力を求めるとともに、街頭啓発時に配布する計画。

(写真=交差点事故防止対策として作製したマップ)

[ 2009-05-16-19:00 ]

利用者30万人を達成
上川北部地域人材開発セン・記念品を贈り節目祝う

 【名寄】上川北部地域人材開発センターの利用者三十万人達成セレモニーが十四日、同センターで行われ、記念の節目を祝った。
 二十年度の利用者は延べ二万七千二百八十人で、センター開設から十三年目にして過去最多の利用者数を記録。自主事業推進による講座受講者の増加などが、毎年の安定した施設利用につながっている。
 三十万人目の利用者となったのは、市内在住の高濱心護さん。この日は、建設業関係の講座を受講するため来館。セレモニーで、五十嵐正幸同センター運営協会長から、地場産品が詰まった記念品を受け取った。高濱さんのほか、講座の講師を務めた旭川市の長岡晃弘さん、札幌市の安倍卓也さん、受講者で名寄市の熊谷竜也さん、本田裕司さんの四人に、三十万人目の前後者として記念品が贈られた。

(写真=30万人目の利用者となり記念品を受け取る高濱さん)

[ 2009-05-16-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

5月

1日
2日
3日
4日
5日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.