地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年5月14


24、25年度を建設年次に
名寄市「文化大ホール」会議・市民と一体の検討態勢

 【名寄】名寄市「文化大ホール」庁内検討プロジェクトチーム(座長・中尾裕二副市長)の第一回検討会議が十三日、市役所名寄庁舎で開かれた。市民会館大ホールの老朽化が著しく、新たな文化ホール施設の建設が必要となったため二十四、二十五年度の建設を目指しており、六月までに市内の文化団体を対象にアンケート調査を実施。さらに十月をめどに市民による検討組織(懇話会)を立ち上げ、同チームと足並みをそろえた中で、二十二年三月までに市民と行政が一体となった文化ホール建設案をまとめる。
 旧名寄市時代から長年にわたる懸案事項だった文化大ホール建設の本格的な協議入りに、文化団体を中心に市民の関心、期待が高まっている。

[ 2009-05-14-19:00 ]


北るもい漁協が同意
下川・サンルダム本年度着工

 【下川】サンルダム本体の着工は、北るもい漁業組合(留萌管内羽幌町、今隆組合長)の同意を得ることが条件となっていたが、旭川開発建設部は十一日、同組合からサンルダム建設で出されていた意見へ回答した結果、同組合からダム本体着工への同意が得られた。宮藤秀之旭川開発建設部サンルダム建設事業所長は「漁業の方が同意してくれたのは、私たちを信頼してくれたからだと思う。その信頼にしっかりこたえ、責任を持って良いダムを造っていきたい」と話し、本年度後半から着工を始め、平成二十五年の完成を目指す。
 サンルダムは洪水調節、水道用水確保(名寄市、下川町へ)、発電(最大出力千キロワット)などを目的とした多目的ダム。ダムの大きさは堤高四十六メートル、堤体長約三百五十メートル、総貯水量五千七百二十万立方メートル。総工費五百二十八億円。

[ 2009-05-14-19:00 ]

エコな暮らしを推進
下川がマイバッグ全戸配布

 【下川】下川町は、町内の全世帯(千八百世帯)にオリジナルマイバッグを十五日から配布する。
 町は昨年、国の環境モデル都市に認定され、具現化に向けた取り組みの一環として、商工会、消費者協会と連携し、マイバッグ運動を進め、エコな暮らしの推進とごみの減量化を目指している。マイバッグは、下川町消費者協会の店頭アンケート調査をもとに、どんなマイバッグが使いやすいか考慮した結果、ロングライフデザインでレジカゴサイズのポリエステル製マイバッグが完成。
 町内では既にマイバックで買い物をする人も多いが、町はエコな暮らしに対する啓発も兼ねており「町全体の環境に対する意識高揚につながれば」と期待している。

(写真=町が町内全世帯に配布するオリジナルエコバッグ)

[ 2009-05-14-19:00 ]

色鮮やかな作品楽しむ
名寄・レンガの家で柳川おし花展

 【名寄】柳川おし花サークル(日光政子代表、会員六人)主催の「柳川おし花展」が、十二日から十七日まで、名寄西一南五の北星しんきんレンガの家「きらり」で開かれており、色鮮やかな押し花の作品が、来館者の目を楽しませている。
 同おし花展には、会員の作品約七十点が展示されているが、色鮮やかな押し花で飾り付けた皿や壁掛け、人形、ロウソクなどさまざま。
 来館者は、押し花の基本的な技法も体験するなど、美しい作品の数々に癒やしのひとときを過ごしている。

(写真=美しい作品が並ぶ柳川おし花展)

[ 2009-05-14-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

5月

1日
2日
3日
4日
5日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.