地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年5月13


利用患者数は6077人増加
名寄市立病院の20年度運営状況・稼動額1億5836万円の増

 【名寄】名寄市立総合病院(佐古和廣院長)は、二十年度の入院・外来患者数と稼働額見込みをまとめた。患者数は対前年度比で、入院が若干減少したものの、外来で七千人以上の増となり、入院、外来を合わせた総体では前年度比六千七十七人増の延べ三十六万八千三百五十九人となった。稼動額は、外来が前年度とほぼ同額だったものの、入院は単価アップによって大幅に伸び、前年度比一億五千八百三十六万円増の六十一億一千八十一万円で、市内をはじめ、近隣からの利用も多く、安定した運営状況となっている。

[ 2009-05-13-19:00 ]


報告会は4班編成で
名寄市議会議会改革委・開催時期を6月定例会後に

 【名寄】名寄市議会議会改革調査特別委員会(高見勉委員長)が十二日に市役所名寄庁舎で開かれ、「名寄市議会基本条例」に盛り込まれている、市民を対象とした「議会報告会」の実施要綱案を示した。この中では、二十六人の全議員が一班六、七人ずつの四班編成となって各地域に出向いて開催することなどを確認した。
 議会による年一回以上の報告会開催は、第一回定例会で可決された同条例に盛り込まれている。一般市民に議会活動への認識を深めてもらい、議員の資質向上などが目的。
 この日示された「議会報告会」の実施要綱案は、開催時期を第二回定例会(六月)後、一、二カ月の間とし、一班六、七人構成で四班を編成して、地域連絡協議会単位などを基本に、各班で担当地域を分担して開催する。

[ 2009-05-13-19:00 ]

かわいい制服姿で巡回
名寄市立病院が「看護の日」をPR

 【名寄】「看護の日」の十二日、名寄市立総合病院(佐古和廣院長)で、同院「つぼみ保育所」に通う入所児六人が看護師となり、看護への認識を深めてもらう啓発を行った。
 この日は、同保育所に通う五歳児の金澤一花ちゃん、四歳児の木下明依ちゃん、梶浦愛叶君、北山きずなちゃん、吉野諒君、吉田瑛太君の六人が、同所と病院職員手作りのかわいらしい看護師の制服姿で院内を巡回した。
 チビッコ看護師たちは、診察の順番を待つ患者一人一人にカットバンを無料でプレゼント。来院者たちは、ニッコリと笑顔で受け取っていた。

(写真=カットバンをプレゼントした小さな看護師たち)

[ 2009-05-13-19:00 ]

もっこレースなど多彩
17日に下川で万里長城祭

 【下川】築城二十三年万里長城祭は、同実行委員会の主催で十七日に桜ヶ丘公園特設会場で開かれる。万里長城祭は、来年から大きな見直しを行う予定で、従来の形で行うのは今回が最後となる。
 今年は町民のアイデアを取り入れ、今まで行っていた石の重さを当てるゲーム「ぴったし岩岩(がんがん)」をやめ、森林の町、下川を強調した木の高さを当てるゲーム(名前は未定)に変更。新たなイベントとして、万里長城の石積み作業をイメージ、もっこに石を乗せて二人一組でかつぎながら競走する「もっこレース」も行う。また、東京、苫小牧、札幌、旭川の各下川会(ふるさと会)の会員たちも祭りに参加し交流。旭川下川会員で演歌歌手、枝園清一さんが、旭川下川会で制作した「下川ジャンプの応援歌」を披露する。

[ 2009-05-13-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

5月

1日
2日
3日
4日
5日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.